10式戦車は、欠点・弱点があまりにも多い

粛々と進む10式戦車調達の問題点<下>

イスラエルの最新戦車であるメルカバIVのサイドスカート(撮影:筆者)

このため諸外国の3.5世代戦車は、第3世代の戦車に多くの増加装甲を付加している。

これらは側面や後部はもちろん、上部、車体下部まで文字どおり360度の防御力を強化している。戦車を「動くトーチカ」として使用するためだ。このため戦闘重量は60~70トンほどまでになっている。

わずか数ミリ程度の幅しかない10式戦車のスカート部(撮影:筆者)

10式は新規の設計で、その分、第3世代の戦車を近代化した3.5世代戦車に比べて重量軽減という点では多少有利だ。だが、だからといって70トンの戦車と同じ防御力を確保できるわけではない。それは物理的にも価格面からも不可能だ。セラミックやそのほかの複合装甲は、極めて高価であり、これらを多用すればコストがハネ上がる。そのため、そのような装甲を360度には使用していない。

一例を挙げるならばイスラエルの最新戦車であるメルカバIVのサイドスカート(車体側面につける一種の増加装甲)の厚さは、約10センチ。複合装甲と空間装甲を併用していると思われる。対して10式のサイドスカートは90式と同じで、わすか数ミリの鋼鉄製装甲板に過ぎず、単弾頭のRGPなどにしか有効でない。それではタンデム弾頭のRPGが防ぐことはできないだろう。

なぜ10式の価格は安価なのか

10式は軽量化と廉価を追求した戦車だ。90式ですら当初の調達コストは11億円もしたのに、10式は10億円にすぎない。にもかかわらず、C4IRシステム、補助動力装置、状況把握システムなど第3世代である90式にない装備と、これらを統合するためのソフトウエアが搭載されているのだ。ソフトウエアが戦車の価格に占める割合は少なくない。このため諸外国の3.5世代戦車は、おおむね第3世代の戦車の2倍程度の単価になっている。10式の価格は何らかの事情で安すぎる、と疑いたくなるのが普通だろう。

 74式も90式も、諸外国の同世代の戦車に比べて3倍ぐらい高かった。海外の3.5世代の戦車は、おおむね15億円程度であるから、10式は 30億~45億円程度になっても不思議ではない。それがいきなり他国の3.5世代戦車の3分の2程度まで価格を激減させているのだ。価格が極端に安いのには何か訳があると考えるべきだ。

次ページどのようにしてコストを削減したのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT