中退が引け目?学生時代の挫折を悔いるな!

元ヤン・引きこもり、中退者教育支援に挑む

これがきっかけとなり、キズキ共育塾に通う学生の数は大きく増えていくことになりました。設立から4年たった今では、キズキ共育塾に通う学生は100人、講師数も50人を超えるまでになりました。またそれだけでなく、中退が社会問題化していることもあり、10を超える専門学校・大学でも中退予防プログラムを提供するまでになっています。

「やはり、思いだけではなかなかカタチになりません。うまく行かないという結果を素直に認めて、それに対して真摯にPDCA(Plan-Do-Check-Action)を回し続けることです。人のせい、環境のせいにしていたら、キリがありません。全部自分の責任だと認めることが、挑戦をカタチにしていく上でいちばん大事なことだと知りました。」

苦しんでいる人が肯定感を持って生きていけるように

【お知らせ】 マザーハウスでは、本連載のテーマ「挑戦者たちの朝」に合わせてマザーハウスカレッジを行っています。次回は、「青年海外協力隊からマッキンゼー、そしてNPO立ち上げという挑戦。 分野・国境をクロスしたキャリア経験が作り出す、『留職』という新しいムーブメント。」というテーマで、NPO法人クロスフィールズ共同創業者・代表理事、小沼大地さんをお呼びします。詳しくはこちら

そして安田さん自身の挑戦も、東京都新宿区での就労支援や自殺予防の政策作りにかかわったり、ベトナムで障害者雇用を目標とした飲食店経営を始めるなど、どんどん広がってきています。

「やりたいことは、社会的に苦しんでいる人が自己肯定感を持って生きていけるようにすること。僕の強みは、新しい事業を作っていけることなので、どんどん新しいことに挑戦していきたいと思っています」

安田さんの挑戦は、高校時代、そして社会人になったときのリアルな挫折から来ています。人生の挫折はその渦中にいるときは苦しみ以外の何物でもありません。しかしながら、それを乗り越えた先には、今回のNPO法人キズキのように、同じ挫折の境遇にある人に対して可能性となるような挑戦につながるのです。

さらに安田さんの場合、Warm Heartの強さが結果へのこだわりを生み、そしてCool Headに対する意識を高めたと言えます。どんな挑戦もWarm HeartとCool Head、両方があってこそ結果が出るものなのです。 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT