我が子がどんな職に就いても、応援しよう

歯科医を嗣ぐはずだった息子が絶縁宣言

(写真:naka / Imasia)

前回は 従順なイクメンは、暴発するかもしれない

前々回は 「現代版姥捨山」から老母を救出するには?

【読者からの相談】

息子の史郎(仮名)は29才で、他県で独り下宿する、国立大学歯学部6年生です。単位は全部取っているので通学の必要がなく、卒業試験に合格すれば卒業という状況です。
その段階で史郎は勉強も受験もせず、6年生のままでずるずると4年間、下宿で独り引きこもって、親兄妹のほとんど誰とも連絡や面会を絶っています。親からのメールや電話・面会も拒否され、史郎の様子は親の私にも把握できていませんが、彼は歯科医へのモチベーションがなくなり、かといってやりたいことが見つからず、これからのことは本人にもわからないようです。
今後は仕送りを停止する旨のメールを送ったので、下宿で生活するために、飲食店でアルバイトをするようです。実家には私たちの葬式以外帰らないと言われました。家業は歯科医院ですが、何より息子がふびんで心配で、息子と連絡も面会もできないのが悲しくてたまりません。パンプキンさんならこのような時、どうされますか?
山本美香子(仮名) 

 

史郎さんは家業を継ぐべく歯学部を目指し、国立大学で単位も全部履修されたのですね。とても優秀で、家族の期待も一身に背負ってこられたのに、あと一歩のところで断念されたのですね。家業が歯科医院でなくとも親としては受け入れ難いことですが、家業ともなると、この息子さんの勉学の途中放棄は、なかなか受け入れられないのが親心と、お察し申し上げます。

一方的なメッセージではなかったか

卒業試験の一歩手前で史郎さんに何が起きたのか、または何があったかは、ご相談文を拝読するかぎり、山本様も把握しておられないのですね。“4年間も、熱心に勉強しているふうでもなく受験しているふうでもない彼に仕送りを続けられた”という点に、失礼ながら少し違和感を感じました。彼の心境の変化や言い分などはあなたには聞く気もなく、ともかく勉強して卒業し、資格試験を受けなさいという、親の一方的なメッセージのみが、伝わってきます。

史郎さんはある日突然、あるいは何かの理由で歯科医への情熱がなくなったのですね。あるいは勉強そのものに、一時的なスランプがあったのかもしれません。そのほかの考えられる理由も含めてそれは到底、親には理解してもらえないことは、誰よりも彼がわかっていることでした。それで彼は、親には受験しない理由を言い出せずに、この日まで来ました。

次ページ彼自身が最も苦しんだ空白の4年間
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT