堀井美香氏、退職の相談には「いたほうがいいよ」 50歳と45歳で会社を辞めた2人が語る"独立後"

拡大
縮小
長年勤めた会社を飛び出し、沖に出た“退社同期”の2人が「人生の中間地点での退社論」を語り合った(撮影:梅谷 秀司)
この記事の画像を見る(3枚)
50歳の節目に、TBSを退社したフリーアナウンサーの堀井美香さん。その退社にいたるまでの心境をつづったエッセイ『一旦、退社。~50歳からの独立日記』が、同年代の女性の共感を呼び話題となっている。一方、「日経xwoman」元編集長の羽生祥子さんも、45歳で日経BPを辞め、著作家・メディアプロデューサーとして新たな一歩を踏み出した。
くしくも同じ年代、同じタイミングで長年勤めた会社を飛び出し、沖に出た“退社同期”の2人。過去には共に仕事をしたこともあるという、旧知の2人が退社までの経緯から、会社を離れる葛藤と不安、退社したことで見えた世界など、「人生の中間地点での退社論」を語り合った。

50代後半ビジネスエリートの「たそがれ」

──堀井さんは50歳、羽生さんは45歳で、それぞれ長年在籍した会社を退社していますね。それぞれ、どういった経緯で退社する決断に至ったんですか?

羽生:私自身、若い頃に無職から苦労してようやく会社員になったので、その意味でも会社にはすごく感謝していたんです。黙っていても名刺が切れそうになったらスタッフが置いてくれたり、ゴミ箱も毎朝キレイになっていたり。なんて夢のようなハコなんだ、みたいな(笑)。

堀井:会社って、気づかないところで周りがいろいろ動いてくれますもんね。

羽生:そのこともあって、会社の中でスキルや経験値を上げていく“ロールプレイングゲーム”も、わりと真剣にやっていたほうだと思います。その一方で、これまで職業がら多くの企業の経営者や経営幹部に取材してきました。その中で「たそがれ研修」を受けることが多くて。

堀井:たそがれ研修……?

羽生:50代後半にさしかかった経営幹部の方々が「羽生ちゃん、ちょっといい?」って話しかけてくれて。聞いてみると、「今まで会社のためにこんなに頑張ってきたのに、会社って最後は淡白なもんだよ」とか「再雇用になると年収も2分の1になって。オレの人生何だったんだろう?」とか。40そこそこの“小娘”に、自分のキャリア人生の「たそがれどき」をシェアしてくれるんです。

堀井:研修というていで(笑)。本人にとっては、全力で走ってきたレールが突然プツっと途絶える、みたいな感覚なんでしょうね。

羽生:でも、57、58になるまで先々のプランを考えなかったんだから、突然キャリアが途絶える不安がやってくるのは当たり前やん! って心の中ではツッコんでいて。先輩たちの後ろ姿から学んで、自分は60、70になっても好きな仕事ができるように、五手、十手先まで読み筋を考えていかないと、と思ったのがきっかけですね。

次ページ役員候補から女子大生に「ライフシフト」した先輩
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT