東大生断言「合格勝ち取る子」「落ちる子」決定的差 重要なのは勉強した時間ではなく「目的意識」

✎ 1〜 ✎ 53 ✎ 54 ✎ 55 ✎ 最新
拡大
縮小
漫画『ドラゴン桜』
合格を勝ち取るためには勉強に対する意識の持ち方が重要です(漫画:©︎三田紀房/コルク)
記憶力や論理的思考力・説明力、抽象的な思考能力など、「頭がよい」といわれる人の特徴になるような能力というのは、先天的に決められている部分があり、後天的に獲得している能力は少ないと考える人が多いのではないでしょうか。
その考えを否定するのが、偏差値35から東大合格を果たした西岡壱誠氏です。漫画『ドラゴン桜2』(講談社)編集担当の西岡氏は、小学校、中学校では成績が振るわず、高校入学時に東大に合格するなんて誰も思っていなかったような人が、一念発起して勉強し、偏差値を一気に上げて合格するという「リアルドラゴン桜」な実例を集めて全国いろんな学校に教育実践を行う会社「カルペ・ディエム」を作っています。
そこで集まった知見を基に、後天的に身につけられる「東大に合格できるくらい頭をよくするテクニック」を伝授するこの連載(毎週火曜日配信)。
第54回は合格を勝ち取った子に共通する「勉強に対する意識」について、西岡氏が解説します。
この連載のほかの記事はこちらからご覧ください。

受験を通して感じた「目的意識」の大切さ

今年も3月10日に東大の合格発表があり、われわれが指導していた東大志望の学生の結果も出て、合格を勝ち取った学生もいれば、そうでない学生もいました。

合否は努力量や勉強時間によって差が生まれるわけではありません。しっかり努力をしてきたのに不合格になってしまう人もいれば、平均勉強時間より短い時間しか勉強していないのに合格できる人もいます。時間をかけた人間が有利というだけなら、浪人生が有利という話になりますが、浪人生の合格率と現役生の合格率って、実は大きな差はないのです。

そんな中で、合格している人たちと不合格になってしまった人の間には、どんな差があったと言えるのか? 今日はそれについてお話ししたいと思います。

結論から言うと、結果を出せる人とそうでない人の差として今回の受験を通して感じたのは、「目的意識の大切さ」でした。

漫画『ドラゴン桜2』のワンシーンをご覧ください。

※外部配信先では画像を全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください

(漫画:©︎三田紀房/コルク)
次ページ激変する社会を生き抜くために必要なこと
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【逆転合格の作法】「日本一生徒の多い社会科講師」が語る、東大受験突破の根底条件
【逆転合格の作法】「日本一生徒の多い社会科講師」が語る、東大受験突破の根底条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT