慶大、常識覆す「英語試験で出題文が日本語」の衝撃 受験関係者の間でさまざまな臆測が飛び交う事態に

拡大
縮小
慶應義塾大学
慶應義塾大学の入試で、従来の常識を覆す問題が出されました(写真:MARODG/PIXTA)

今年の入試は、さまざまな大学が従来とは違う傾向の問題を出題しています。共通テストの国語では「同じ漢字の違う意味」を問う問題が出題され、早稲田大学法学部の問題ではレストランの予約メールを書かせる英作文の問題や、不思議な絵の解釈をさせる英作文の問題が出題されました。

そんな中で話題になったのが、慶應義塾大学の経済学部の問題です。今までの英語の問題の常識を覆すような内容でした。

英語の試験であるにもかかわらず、出題された本文はなんと「日本語」。「Seymour Zimmer氏の論考に対するフクシ・セイタ氏による論評からの抜粋」を日本語で読んだうえで、英語で書かれた設問に解答させるという問題が出題されたのです。

ニュアンスを読み間違えると、正答を選べない

普通、英語の長文問題というのは、課題として出された英語の文章を読ませて、日本語の問題を解くという形式が多いですよね。ですが、これは逆に、日本語の文章を英語で答えさせたのです。問題文では「この日本語の意味はなんですか?」という問題も出ていました。

ちなみに出題された論評の内容は、非常に難しいです。微妙な日本語のニュアンスを読み違えたら、正答を選べません。

次ページ帰国子女の合格をブロック?東大志望の受験生狙い?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT