"太っている人"が知らない「心臓病」超怖いリスク 日本人の死因2位は「心臓病」!防ぐコツは?

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
コロナで急増した「メタボ」と「心臓病」の深い関係について解説します(写真:voronaman/PIXTA)

生活習慣病、血管、心臓など内科・循環器系のエキスパート「血管の名医」として知られ、日々多くの患者と接する医学博士の池谷敏郎氏。

テレビ番組『あさイチ』(NHK)、『世界一受けたい授業』(日本テレビ)やラジオ番組などに多数出演し、楽しくわかりやすい解説が好評を博している。

過去15キロ以上の減量に成功し、その減量メソッドを全公開した15万部のベストセラー『50歳を過ぎても体脂肪率10%の名医が教える 内臓脂肪を落とす最強メソッド』に続き、60歳を過ぎても血管年齢30歳の名医が教える 「100年心臓」のつくり方を上梓した。

「人生100年時代」を最期まで満喫できるかどうか健康長寿のカギを握る「『心臓の健康』にいい生活」を、運動、食事、生活習慣、メンタルなどあらゆる観点から解説し、「100年もつ心臓」を作るための秘訣を全公開した1冊だ。

その池谷氏が「コロナで急増した『メタボ』の人に潜む『心臓病』の超怖いリスク」について解説する。

日本人の死因第2位「心臓病」を予防するカギは?

「人生100年時代」ともいわれ、誰もがみんな長生きできるような時代がやってきました。しかし、ただ長生きすればいいということではなく、「元気で長生き」「健康で長生き」は、多くの人の望むことではないでしょうか。

そのカギを握るものこそが「心臓の健康」です。

『60歳を過ぎても血管年齢30歳の名医が教える 「100年心臓」のつくり方:心臓をケアすれば、健康で若く長生きできる!』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

心臓病(心不全)は、日本ではがんに次いで死因の第2位、アメリカでは第1位です。世界的にも心臓病は死因のナンバー1です。

寿命に関わるだけに心臓の不調は恐ろしいことですが、ありがたいことに私たちは自分の力で心臓病を予防し、心臓を強くすることができます。それも日常生活の範囲でできることばかりです。

まずは、どんな生活習慣が「心臓の健康」に悪いのか、それを知ることが大事ですが、なかでも今回は、「メタボ」(メタボリックシンドローム)について取り上げたいと思います。

じつはコロナ禍で、リモートワークが増えたことで、メタボになってしまう人が増えています。実際に私の医院でも、メタボの患者さんは増えました。

しかし、メタボには「心臓病を引き起こす大きなリスク」が潜んでいます「心臓の健康」を守るためには、メタボを解消することがとても重要なのです。

今回は、「メタボ」と「心臓病」の深い関係について「2つの側面」から考えていきたいと思います。

次ページメタボがなぜ心臓病の原因に?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT