(第57回)高度外国人材を受け入れるには

(第57回)高度外国人材を受け入れるには

医師の国際移動の実態は、どうなっているだろうか。これに関しては、世界銀行のデータがある。

下表に示すのは、オーストラリア、イギリス、アメリカへの医師の移民数だ(1000人以上の移民医師がいる国は、このほかにドイツとスイスがある。また、アメリカに1000人以上の移民医師を出している国は、表に示すもののほかにイスラエル、日本、南アフリカ、台湾、オーストラリア、コロンビア、ロシア、タイ、ベトナム、バングラデッシュ、トルコ、ウクライナがある)。

アメリカにおける移民医師は、1000人以上の移民を出している国の出身者を合計するだけでも14・3万人いる。これは、アメリカの医師総数87・2万人の16・4%にも上る。このうち、イギリス出身が38・9%、オーストラリア出身が14・1%だ。

旧英連邦内の移動を別とすれば、途上国から先進国への移動が多い。低所得国から先進国に頭脳が流出するのは、自然の動きである。なかでもインドからの移民が多い。パキスタン、フィリピンからも多い。

その数は、途上国の側からは無視できない。インドの場合、流出医師数はインドの総医師数の13・1%にもなるので、インドの国内医療に大きな打撃を与えているだろう。

だから、世銀はこれを頭脳流出と捉え、途上国の立場から問題としているのだ。確かに、優秀な人材を教育したのに外国に行ってしまわれては損失だ。他方で、先進国は途上国における医学教育にタダ乗りしていることになる。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT