イケアの知られざる売れ筋、LED電球の秘密

家電業界もビックリの超絶コスパ!

そんな中、イケアのLED電球「LEDARE(レーダレ)」は、超破格なのだ。白熱電球40W形相当の明るさを持つ400ルーメン(E26、調光器非対応、球形、オパールホワイト)は、なんと1個499円(税込)。

現在のいちばん人気は、より明るい600ルーメンの「LEDARE(レーダレ)」(799円)

発売当初の999円(税込)から2013年8月にさらにこの価格に下がったのだが、目標50万個のところ、6店舗で年間約60万個売れたという。現在は、2個599円(税込)とさらにお得な形で売られている。一般的なLED電球の半値以下である。

今年に入ってからは600ルーメン(E26、調光器対応、球形、オパールホワイト)がいちばん人気だそう。こちらは799円(税込)だ。冒頭の比較にあてはめると、年間の電気代と合わせた額は1039円。

仮に2個108円の白熱電球を買うと初期投資と電気代で年間1558円かかってしまううえ、1年後の予備はあるものの、それ以降も毎年交換し続けなければならない。つまり、イケアでLED電球を買えば、初期投資を含めても、初年度から白熱電球を買うよりお得になってしまうのだ。

イケアのコスト競争力の裏側

だが、販売当初からこんなに安かったわけではない。2011年3月11日以降、日本で節電意識が高まったことを受け、イケアも同年10月からLED電球の日本先行販売を始めたわけだが、前述したように大人気の400ルーメンもまだ999円(税込)だった。それでも市場の中では最安値レベルで安かったのだが、イケアは猛烈な企業努力を続けることにより、さらなる値下げを図っていったのである。

具体的には、コストの徹底的な見直しだ。イケアはどの商品も、つねに輸送やパッケージにかかる費用などを見直して値下げに取り組んでいるが、「LED電球ほどパッケージが見直された商品はないのでは」と、照明担当のレンベルト友子氏は話す。 

素材の見直しも効果があった。たとえば人気ナンバーワンと前述した600ルーメンの商品。2013年8月の販売開始当時には1199円(税込)だったが、ドームをガラスからプラスチックに変え、2014年2月には、割れにくい仕様とともに999円(税込)への値下げを実現した。売り上げや店舗数の増加によるスケールメリットもあり、今年に入ってからは799円(税込)まで値下げされている。

進化しているのは価格だけではない。消費者のニーズに合わせてスペックの向上にも、日々、取り組んでいる。

たとえば、明るさ。LED電球の明るさはルーメンという単位で表される(白熱電球のワット数に10をかけると同等のルーメン値が求められる)が、当初は200ルーメンと400ルーメンの取り扱いだった。現在は80~1000ルーメンまでの間で6つの明るさから選ぶことができる。

いわゆる配光角(光の広がる角度)も見直している。当初は配光角160度で直下の一定方向にしか光が当たらなかったが、白熱電球のように広範囲に広がるよう、一般的な球形商品はすべて230度に改善した。また、2014年10月からは球形タイプがE26、E17ともすべて調光器対応となった。

次ページ照明器具にも超高コスパが!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT