大人もハマる!ガチャガチャの新しい魅力

進化する100円玉ビジネスの舞台裏

100円玉を握り締めて、駄菓子屋さんに行っては「スライム」や「キン消し」を集めた世代にとって、懐かしさを感じるこのガチャガチャ。筆者が通りかかったこの日も両替機で1000円札を崩しては、座り込んでガチャガチャを回すビジネスパーソンを多く見掛けました。

町の駄菓子屋さんやおもちゃ屋さんからスタートしたガチャガチャの自販機ビジネスですが、今ではイオンやイトーヨーカドーなどのGMSやショッピングセンターでも欠かせない存在になりました。

ガチャガチャ単体ではそれほど目立ちませんが、10台も並べばかなりのインパクトがあります。おもちゃコーナーやキッズスペースはもちろん、店内通路やエスカレーターの周辺など、ずらっと並んだ販売機を見掛けることも多いのではないでしょうか?

ジュースなどの自動販売機に比べて場所を取らず、電気代もかからない。小さなスペースでも展開可能なだけに、どんな場所にも導入しやすいことがわかります。秋葉原にはガチャガチャの専門店もあり、日本人はもちろん外国人観光客にも人気となっているようです。

大人が夢中になるヒット商品も続々

人気のアニメからゆるキャラまで、大人が夢中になるさまざまなガチャガチャが続々と登場している

このガチャガチャ人気は、世相の影響を受けているようにも感じます。ゲームセンターにあるUFOキャッチャーなどクレーンゲーム機の場合、1回200円前後で楽しめますが、たとえ数千円をつぎ込んでも、景品が取れない時は取れません。そんな筆者も、以前、どうしてもほしいぬいぐるみがあり、ジャブジャブと小銭をつぎ込んでいたところ店員さんから同情を買い、取りやすくしてもらった経験があります。

それに比べガチャガチャの場合、価格の幅はあるもののお金を入れればひとつは必ず手に入ります。不確実なものより、確実に手に入るもの。全種類をコンプリートしようとすれば大変だと思いますが、数百円で景品のどれかが必ず手に入るだけに、運試し的にちょっと回してみようという気になれるのが、ガチャガチャの最大の魅力ではないでしょうか。

次ページガチャガチャをレンタル!?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT