感謝しない夫に、はっきり不満をぶつけよう

亭主関白に対してはガツンと言うべき

あなたが実は“空気”ではなく、生身の人間であることを、すぐにでも伝えましょう。今までは何とか耐えられたけれど、同じやり方ならこれ以上は夫についていけないこと。あなたよりずっと家族に献身的でない、あなたの周囲の「妻」が、夫や姑から大切にされているのをみると、その差はやはり「情」の有無であると感じて、とても自分がみじめであること。

あなたがこれほどまでに献身的にやっても、夫からは家来扱いで姑からは邪魔者扱いで「情」を受けられないのなら、一緒に暮らす意味を見いだせず、結婚生活を解消したいとまで思い詰めていること」などを伝えましょう。相手は、これらのことを口に出して言わないと、絶対に伝わらない相手なのですよ。

離婚するための労力を、関係修復への努力に変えよう

もともと母親に愛情が深い人は妻にも情があり、母親を送ったあとからでも、不器用なりに態度で表現できるようになる人は結構いるものです。人間の本質はなかなか変わらないものですが、歳と共に人間が丸くなり、中年以降に力関係が逆転する夫婦も少なくありません。

例の孝子さんの夫の繁氏も、あんなに強がりを言っていたのに、今では孝子さんの言いなりで、孝子さんのスケジュールを優先に、自分の日々の生活を決めるらしいです。

いいことを9つ受けた人でも、同じ人の寂しい言葉1つで、前のいいこと9つが覆るのが人間の性(さが)です。そのことも彼に伝えて(むしろ教えて)、これからは不当な扱いには黙って従うだけの家来はやらないことを、高らかに宣言してください。

彼にも“関白”の地位を引退する決意と、あなたに思いやりを表現できる夫になるための、少しのトレーニング期間が必要です。離婚するために費やすエネルギーを、上記の路線で努力されることに振り向けられますこと、心よりお勧めします。

※ ミセス・パンプキンさんへの相談はこちら

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。