有料会員限定

「億ション」も続々登場、活況続くマンション業界 低金利を追い風に需要旺盛も供給は不十分

✎ 1〜 ✎ 32 ✎ 33 ✎ 34 ✎ 最新
拡大
縮小

歴史的な低金利などを追い風にマンションの購買意欲は高まっている。2023年もマンション業界は活況が続きそうだ。

高層マンションの外観
都心だけでなく、神奈川や埼玉の都市部でも「億ション」が増加(写真:記者撮影)

特集「2023大予測|産業・企業編」の他の記事を読む

ウクライナ、気候変動、インフレ……。混迷を極める世界はどこへ向かうのか。12月19日発売の『週刊東洋経済』12月24-31日号では「2023年大予測」を特集(アマゾンでの購入はこちら)。世界と日本の政治・経済から、産業・業界、スポーツ・エンタメまで108のテーマについて、今後の展開とベスト・ワーストシナリオを徹底解説する。この記事は本特集内にも収録しています。

2023年も活況続く

週刊東洋経済 2022年12/24-12/31【新春合併特大号】(2023年大予測 108のテーマで混沌の時代を完全解明!)
『週刊東洋経済 2022年12/24-12/31【新春合併特大号】(2023年大予測 108のテーマで混沌の時代を完全解明!)』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

需要超過が続くマンション業界は、2023年も活況が続きそうだ。

新築マンションの売れ行きはデベロッパーの想定を大きく上回っており、2022年もマンション販売は好調だった。三井不動産レジデンシャルの山田貴夫・取締役専務執行役員は「物価は上昇し、住宅ローン金利についても先高感があるものの、今まで以上に消費者の購買意欲は高い」と話す。

歴史的な低金利や住宅ローン控除などの税制優遇を追い風に、富裕層やパワーカップル(世帯年収1500万円以上の夫婦)が新築マンションを買い支えている。また販売価格についても先高感があることから、今買える物件を買い求める消費者は多い。

次ページ大手デベロッパーが市場を独占
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
2023大予測|産業・企業編
四季報担当記者が予想!2023年の「業界天気予報」
50業界を一覧に、ベスト&ワーストシナリオも
トヨタ、ホンダもEVシフト対応へ投資進める
日ビスとリケンの経営統合が再編の引き金に
部材不足でさらに手持ちが積み上がる悪循環
総合電機業界「選択と集中」で成否を分けた原因
目新しさで消費者の購買意欲を刺激できるか
自動車向け需要が牽引役に、国策新会社も始動
株式市場低迷でダウンラウンド上場が相次ぐ
ドコモ、KDDI、ソフトバンクには明るい兆しも
業界を牽引する「メタ」の動向が市場を左右
金融引き締が直撃、レイオフや採用凍結相次ぐ
SBI・北尾氏の「宣言」で業界に激震走る
仕切り直しの三菱UFJ・三井住友、遅れるみずほ
「ゼロゼロ融資」の返済本格化も23年の懸念材料
成長戦略に深く関与する社外取が徐々に増加
コスト上昇の超逆風下で比較的堅調なケースは
自然災害響く損保は新種保険開発がカギに
低採算の「負け組」には再編の可能性浮上か
マスク定着や訪日中国人の需要減少が響く
長年続いた低価格競争にコスト高まで直撃した
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内