有料会員限定

成長鈍化も、半導体業界は「次の山」へ積極投資 自動車向け需要が牽引役に、国策新会社も始動

✎ 1〜 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 最新
拡大
縮小

2022年、供給不足に陥りながらも活況を見せた半導体市場。2023年は4年ぶりのマイナス成長と市場は冷え込みそうだが、次の好況を見据えた投資が活発化している。

握手をする東哲郎元会長と小池氏
東京エレクトロンの東哲郎元会長(右)と小池氏がラピダスを率いる(撮影:梅谷秀司)

特集「2023大予測|産業・企業編」の他の記事を読む

ウクライナ、気候変動、インフレ……。混迷を極める世界はどこへ向かうのか。12月19日発売の『週刊東洋経済』12月24-31日号では「2023年大予測」を特集(アマゾンでの購入はこちら)。世界と日本の政治・経済から、産業・業界、スポーツ・エンタメまで108のテーマについて、今後の展開とベスト・ワーストシナリオを徹底解説する。この記事は本特集内にも収録しています。

関心は次の山に

週刊東洋経済 2022年12/24-12/31【新春合併特大号】(2023年大予測 108のテーマで混沌の時代を完全解明!)
『週刊東洋経済 2022年12/24-12/31【新春合併特大号】(2023年大予測 108のテーマで混沌の時代を完全解明!)』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

「顧客は皆、目先の市況の話をほとんどしない。長期的に進める増産計画とそれに必要な材料供給の話をする」

半導体を造る基盤となるシリコンウェハーの最大手、信越化学工業の斉藤恭彦社長が2022年10月末の決算説明会で投資家相手に語った言葉だ。この言葉が半導体市場の今を端的に表している。すなわち、足元で「シリコンサイクル」はピークを越えて下り坂の一方、業界の関心はいつか迎える次の山に早くも向かっている。

目先の話をすると、2023年の半導体市場は冷え込みそうだ。

テレワークや巣ごもりで急拡大した半導体需要は一服。中国のロックダウンやロシアのウクライナ侵攻がサプライチェーンを混乱させたことで生じた在庫確保も収束している。新型コロナウイルス禍を引き金に2年近く続いた未曾有の活況は幕を閉じた。世界半導体市場統計(WSTS)が2022年11月に出した予測によると、2023年の世界半導体市場は前年比4.1%減と、2019年以来4年ぶりのマイナス成長が見込まれる。

次ページ23年前半は我慢の時期に
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
2023大予測|産業・企業編
四季報担当記者が予想!2023年の「業界天気予報」
50業界を一覧に、ベスト&ワーストシナリオも
トヨタ、ホンダもEVシフト対応へ投資進める
日ビスとリケンの経営統合が再編の引き金に
部材不足でさらに手持ちが積み上がる悪循環
総合電機業界「選択と集中」で成否を分けた原因
目新しさで消費者の購買意欲を刺激できるか
自動車向け需要が牽引役に、国策新会社も始動
株式市場低迷でダウンラウンド上場が相次ぐ
ドコモ、KDDI、ソフトバンクには明るい兆しも
業界を牽引する「メタ」の動向が市場を左右
金融引き締が直撃、レイオフや採用凍結相次ぐ
SBI・北尾氏の「宣言」で業界に激震走る
仕切り直しの三菱UFJ・三井住友、遅れるみずほ
「ゼロゼロ融資」の返済本格化も23年の懸念材料
成長戦略に深く関与する社外取が徐々に増加
コスト上昇の超逆風下で比較的堅調なケースは
自然災害響く損保は新種保険開発がカギに
低採算の「負け組」には再編の可能性浮上か
マスク定着や訪日中国人の需要減少が響く
長年続いた低価格競争にコスト高まで直撃した
高額商品購買に変化の兆し、インバウンドも焦点
借金返済の「Xデー」近づくが夜の客は戻らず
ホテル業界は国内外の富裕層の囲い込みに注力
国際線はなお低調、ビジネス客の戻りも鈍い
資源市況に依存しない「実力」が各社問われる
コロナで落ち込んだ利用者数は戻りつつあるが
石油元売り各社は構造改革を進められるか
深刻化するエネルギー情勢を背景に「政治決断」
23年もメインシナリオは「底堅い業績推移」だが
半導体に加えディスプレー材料の販売も停滞
1年前倒しで残業規制に対応する企業も続々
存在感高まる海外勢もトーンダウンの様相
低金利を追い風に需要旺盛も供給は不十分
金融引き締め影響が懸念材料も、副業拡大本格化
安定供給目指すも、薬価引き下げが懸念材料に
高所得者などへの負担増は不可避な情勢に
超過勤務で成り立っていた医療体制が崩壊へ
個人消費の回復に期待だが原材料高を懸念
ビジネス関連の法改正で働き方改革も加速へ
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内