死後52年「三島由紀夫」が心酔した書「葉隠」の中身 「わたしのただ一冊の本」とまで呼んでいた

拡大
縮小
三島由紀夫
割腹自殺で日本に大きな衝撃を与えた作家・三島由紀夫(写真:picture alliance/アフロ)
1970年11月25日は、作家の三島由紀夫が割腹自殺をした日です。その三島が愛読していたのが、武士の心得を説いた『葉隠』です。いったいどういう書物なのか。歴史家の濱田浩一郎さんが解説します。

『葉隠』は、江戸時代中期の武士道書です。佐賀藩士・山本常朝(1659~1719)の言葉を、同藩士の田代陣基(1678~1748)が聞き書きし、約7年かけて書物にまとめたものであります。武士のあるべき姿を説いた武士道書であり、「武士道というは、死ぬ事と見付けたり」との名句は、誰でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

その『葉隠』を愛読した作家がいました。それは『仮面の告白』『金閣寺』ほか数々の名作で知られ、ノーベル文学賞の候補にもなっていた三島由紀夫(1925~1970)です。

ある程度の年代の人にとっては、1970年11月25日、三島が民兵組織「楯の会」隊員とともに自衛隊市ヶ谷駐屯地に突入し、自衛隊の決起を促す演説をした直後に割腹自決したことのほうを鮮烈に記憶しているかもしれません。今年(2022年)2月に亡くなった作家で元東京都知事の石原慎太郎(1932~2022)は、「三島がいつも手放さずにいる佩刀が『葉隠』である」と書いていました。

葉隠が説く「死」に深く心を寄せていた

三島は、戦時中から『葉隠』を読みだし、戦後も折に触れて、読み返していましたが、同書を「いかにも精気にあふれ、いかにも明朗な、人間的な書物」(三島『小説家の休暇』講談社)、「わたしのただ一冊の本」とまで心酔していました。三島には『葉隠入門』(新潮社)という評論まであります。

三島は『葉隠入門』のなかで「葉隠のいっている死は、何も特別なものではない。毎日死を心に当てることは、毎日生を心に当てることと、いわば同じだということを葉隠は主張している。われわれはきょう死ぬと思って仕事をするときに、その仕事が急にいきいきとした光を放ち出すのを認めざるをえない」と書いていますが、『葉隠』が説く「死」についても、三島は深く心を寄せていたのです。

次ページ「葉隠」にはどんなことが書かれているのか
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT