米国のシンクタンクは、「権力者」だった

日本人は"研究所"の実態を知らない

塩野:もともとブルッキングスはワシントン大学の一部局で、そこから派生したんですよね。

佐藤:ブルッキングスの創設者と、ワシントン大学の実質的な創設者(新しいキャンパスとメディカル・スクールの変容に多大な貢献をした方)は同じ方なんですよ。ですから関係が強くて、今もワシントン大学にあるエグゼクティブ・マネジメント・プログラムはブルッキングスが提供していますし、ワシントン大学がブルッキングスへ寄付もしています。最初は2カ月という約束でしたが、私がもっと働きたいと泣きを入れて、いろいろと画策した結果、日本に帰ってからも客員研究員としていてもいいと言っていただけて、現在3年目です。

大勢の中で輝くために、売り込みは大事

佐藤智晶(さとう ちあき)●1981年生まれ。現在は、東京大学公共政策大学院特任講師、ブルッキングス研究所経済部局医療政策部門客員研究員。

塩野:佐藤先生の研究テーマは医療制度の規制についてですが、これはどういうことを研究しているんですか。

佐藤:メインの研究テーマは2つあって、英語でいうと、バイオメディカル・イノベーションのあり方と、将来のコーディネーテッド・ケアの行方です。

塩野:米国のそういう研究機関やシンクタンクでは「自分が何をできるかを売り込む」ということは大事ですか?

佐藤:すごく大事ですね。私は正規プロセスでは入っていませんが、普通は1人採るのに少なくとも100人は面接するそうです。その100人の中で輝かないといけませんから。

塩野:ブルッキングスのほかにも、政策的に影響を持つシンクタンクはたくさんありますよね。ヘリテージ財団しかり、AEI(アメリカン・エンタープライズ研究所)しかり、CSIS(戦略国際問題研究所)しかり。中でもブルッキングスはシンクタンクの中のシンクタンクというか、つねにランキング1位です。そういうところに入る人って、どんな人物でしょうか? 同僚にはどんな人がいるんですか?

佐藤:チームの中に必ず1人か2人いるのは、一時期政府部門で活躍し、リタイアしたわけではないけれど、今はちょっと休んでいる、というような人ですね。政権が代わるとどうしてもできないことがあるので、その間に自分で案を練り上げて、戻ったときにそれを実現する、ということをしている人がたくさんいます。

塩野:それはよくリボルビング・ドア(回転ドア)といわれるように、米国では政権ごとに公職に任命される人が入れ替わるからですか。前の政権で主要ポストについていた人は、政権が代わると一旦シンクタンクに行き、そこで牙を研いでまた戻っていく。そういうイメージでしょうか?

佐藤:そういうイメージで間違いありません。私の昔のボスは、ブッシュ政権下でFDA(米国食品医薬品局)の長官と、CMS(米国公的医療保険センター)のトップを務めていた人物です。彼は自分の部下だった弁護士も一緒にブルッキングスに引き連れてきていますよ。

次ページFRB元議長もジーンズでカフェに
関連記事
トピックボードAD
  • 30歳とお金のリアル
  • 北朝鮮ニュース
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。