ゴルフ離れは若者だけの問題ではなかった!

「2015年問題」におびえる関係者たち

過去の同イベントでは、必ず人だかりができるブースがいくつか見られた。会場で注目されたモノは、だいたいその年の「ヒット商品」となってきたものの、今年はそうした光景がほとんど見受けられなかった。

「今年は目玉がない」

会場で出会ったあるプロゴルファーもこう漏らしていた。「クラブなどの用品が売れていないので、新製品の開発資金が不足しているのかなぁ……」という意見も。確かに新商品も既存のモノの焼き直しが多かった。ゴルフ用品に関する規則の改訂もあり、クラブにしろ、ボールにしろ画期的な製品は出にくくなっているのかもしれない。

ただ、ゴルフフェアの会場は歩いているだけで楽しい。出展ブース前にはPR用に製品を配っているところもあるので、手を出せばもらえる。面白そうなブースを製品のパンフレットを集めながらちょっと歩いただけで、ティーペグと「疲労回復にいい」という肌に張りつけるシールを入手できた。もっと真剣に歩けば、そこそこのゴルフグッズが手に入るだろう。まあ「クラブを1本」などと景気のいいものはないのだが、デパ地下の食品売り場で試食して歩いているような感じだ。

ゴルフ業界の「失われた20年」

ゴルフ業界の景気は、このところ「右肩下がり」だ。矢野経済研究所によれば、2013年のゴルフ用品出荷額は約2630億円で、東日本大震災前の2010年の水準にようやく戻ったぐらいだという。数字はほかにもいろいろあるのだが、ピークとされるバブル終末期の1992年の半分以下というのが実状。世間一般と同じように、ゴルフ業界でも「失われた20年」という言葉がよく使われる。

2015年問題は、さらに輪をかけて市場縮小につながるかもしれない。ゴルフ業界では「市場活性化」や「若年ゴルファー創出」などが声高に叫ばれ、日本プロゴルフ協会の倉本昌弘会長らも危機感を訴えている。ただ、そうそううまいカンフル剤はない。ゴルフ関連の各企業も自社のことに手いっぱいで、業界全体で協力していこうという余裕もムードもない。

「2015年からますます大変だ」と従来から予測されていたにもかかわらず、ゴルフ業界全体にまだ実感が伴っていないため、有効な手立てを見つけられないでいる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT