日本企業を凋落させた「職場の意外な真犯人」 スタンフォード大学ビジネススクールの知見

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
心理的安全性のある職場で笑う女性
笑いをなくした職場では、創造性や生産性、心理的安全性が失われています(写真:mits/PIXTA)
日本の企業はなによりも「真面目」であることを大切にする。ところが、それとは対照的に、アップルやピクサー、グーグルのような企業は、なによりも「ユーモア」を大切にすることで、大きく成長している。スタンフォード大学ビジネススクール教授のジェニファー・アーカーと、同校講師でエグゼクティブ・コーチのナオミ・バグドナスによれば、ユーモアにあふれる職場は心理的安全性をもたらし、信頼関係を築き、社員のやる気を高め、創造性を育むという。今回、日本語版が9月に刊行された『ユーモアは最強の武器である: スタンフォード大学ビジネススクール人気講義』より、一部抜粋、編集のうえ、お届けする。

ユーモアの活用に関する根本的な誤解

ほとんどの職場では、ユーモアをいっこうに活用していない。

『ユーモアは最強の武器である: スタンフォード大学ビジネススクール人気講義』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

これはひとつには、ユーモアの効用に関する根本的な誤解のせい――つまり、真面目さと陽気さは相反するという誤った思い込みのせいだ。

しかし、この分野の研究が物語っているのは、別の話だ。実際、私たちが気難しく考えるのをやめると、ユーモアの妨げとなるストレスが緩和され、同僚たちと有意義な関係を築けるようになったり、革新的な解決策に取り組む意欲が湧いてきたりする。

いっぽう、ユーモアのパワーを本能的に少しは理解している人たちもいる。だが、それを意図的に活用する方法を知っている人はほとんどいない。

これは深刻な問題だ。多くのメリットを活用できないどころか、陽気な雰囲気に欠けた職場は、私たちの健康や、人間関係や、チームや会社に対し、悲惨な結果をもたらす。そんな職場では、上司も四六時中、しかめ面をしているはずだ。

次ページスタンフォード大学の「ユーモア」の授業
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT