中居正広が退所会見で見せた圧倒的な人間力

SMAP関連も含めすべて包み隠さず答え切った

2月22日付のスポーツ新聞各紙は1面トップで中居さんの退所会見を大きく報じました(東洋経済オンライン編集部撮影)

エンターテイナーとしてのスキルで人々を笑顔にさせながら、ビジネスパーソンとしての矜持を見せ、さらに、人間性の豊かさを感じさせる……。

もし番組として放送していたら、どれくらいの視聴率を獲れていたでしょうか。2月21日に行われた中居正広さんの会見は、記者たちが聞きたいことや人々が知りたいことにすべて答える、まさに「100点満点」と言えるものでした。

ここでは中居さんが会見で見せた言動から、ビジネスパーソンの参考になる人間性、スキル、仕事に対する姿勢をひも解いていきます。

会見開始前からなごやかなムード作り

中居さんは会見中、「記者会見とかって、僕は『(登壇者が)先にいたほうがいい』と思っていました。最後に登壇者が出てくるのは暗黙のルールなんですか?」と話していました。実際、中居さんは記者たちよりも早く会見場に入り、談笑したり、カメラテストに協力したりと、スタート前からなごやかなムードを作っていたのです。

中居さんは会見冒頭、「“退所ロングインタビュー”を開催したいと思います。よろしくお願いします」と独特のフレーズを使用。これは“退所会見”というフレーズを避けることで、「堅苦しくない感じでお願いします」という記者たちへの率直なメッセージだったのでしょう。

そんな率直さが最もにじみ出ていたのは、SMAP関連の質問が飛んだとき。再結成について尋ねられた中居さんは、「0ではないですし、『100%ない』とも言えないですね。もちろん1人でできることでもないですし、環境がみんなそれぞれになっていきますから、何かを重ねていかないとできないと思いますけど」とコメントしました。

続いて、たびたび報道された“不仲説”について聞かれると、「『何で知ってるんだろう?』とは思いました。『よくご存知で!』って(笑)。別にいいんですよ。自分たちが分かっていればいいことであって、『あの騒動を経験したことは貴重な経験だな』とか、『報道は常に敏感に目にして』というのはあったけど、それが重なっていくと鈍感になるというか……不仲でいいんじゃないですか? キリがないので、信用する人は信用していいし、そういうところまで来ちゃいましたね」と返しました。

さらに、「5人とマネージャーでジャニーズ事務所を出ることに合意した」という過去の報道には、「何の記事に載ってたかは分からないですけど、そういうのはなかったと思います」。SMAP解散後、ジャニーズ事務所に残ると決めた理由については、「具体的に『これ』という理由はないんだと思います。やっぱり5人だったので。自分のこともそうですけど、『残ることがもしかしたら3人にとっても会社にとっても僕にとっても(いいのではないか)』と思って残ったんじゃないかと思います」と語りました。

次ページ突き抜けた率直さとリーダーの責任感
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT