新発見!「信長からの手紙」に隠された秘密

細川コレクションの信長文書59通とは?

「くりぃむしちゅーの歴史新発見 信長59通の手紙を解読せよ!」は日本テレビ放送網系列で2月12日19時~20時54分、放送される。

2013年、永青文庫(東京都文京区)が所蔵する細川家文書のうち、266通が国の重要文化財に一括指定された。これを記念して、永青文庫の冬季展「信長からの手紙」では、細川家文書の中核をなす織田信長の書状59通を、前期、後期に分けて全点公開している。

併せて「明智光秀覚条々」、「羽柴秀吉血判起請文」なども展示され、戦国時代から、信長、秀吉の天下統一への動きに細川家がどう係ったのか、手紙から読み解く展覧会になっている。また、日本テレビ放送網は2月12日(19時~20時54分)、関連の特別番組「くりぃむしちゅーの歴史新発見 信長59通の手紙を解読せよ!」を放送する。

信長と細川家の深い関係

信長の手紙は大名家や寺院などに伝来しているが、細川家には59通と、最も多くが伝わっている。そこには信長自筆の一通も含まれている。信長と細川家はどのような関係だったのだろうか。

細川家初代藤孝(出家後は幽斎、1534~1610年)は、もともと室町幕府13代将軍・足利義輝の側近だった。義輝が暗殺されると、藤孝らは奈良の興福寺に幽閉されていた弟の義昭を救い出し、信長の支援を得て京都に入る。義昭は十五代将軍となった。

いわば連立政権が成立したが、信長が義昭を思いのままに動かそうとしたため、両者は対立。藤孝はこのまま義昭に仕えるか、信長側に転じるかの選択を迫られた。

元亀4(1573)年、2月26日、岐阜にいた信長が藤孝に送った朱印状には、京都と畿内の情勢を知らせてくれたことへの礼が述べられ、藤孝がすでに信長と親密な関係を築いていたことがうかがえる。2人は共に40歳だった。

次ページ藤孝は信長配下の武将に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。