新発見!「信長からの手紙」に隠された秘密

細川コレクションの信長文書59通とは?

とくに武田軍に対する恨みは深かったようで、長篠合戦の直前の天正3(1575)年5月15日の黒印状には、「自分たちは敗北したことがない。これは天命であるから、武田軍を根切にする」と書かれている。「根切」とは、根絶やしの意味だ。合戦に勝利した後には、「武田勝頼の首はまだ見ていないが、川に浮かんでいる武将の中にいるかもしれない。近年のうっぷんが晴れた」と述べている。

信長は美濃を支配下に置いた永禄10(1567)年頃から、書状に「天下布武」の印を押すようになった。武力を広めて天下を統一する、という意気込みが感じられる。この印判を朱色で押したものを「朱印状」、黒で押したものを「黒印状」と呼ぶ。領地を与えたり、軍事上の義務を命じたりするときは朱印状が使われ、一回限りの命令や返答には黒印状が使われる傾向があるというが、明確な基準はわかっていない。現存する信長の手紙では黒印状のほうが多い。

なぜ細川家に多くの手紙があるのか

これらの細川家文書は、2014年の秋、熊本県立美術館の「重要文化財指定記念 細川コレクション 信長からの手紙」展で一足先に公開された。展覧会の準備の過程で、59通もの信長の文書が細川家に伝来した理由について、新たな事実が判明したという。

稲葉氏が展覧会の図録に詳しく書いているが、これまでは、信長の家臣だった家の多くが没落し、文書が失われたのに対して、細川家は長く存続したから多くの書状が残ったと考えられてきた。しかし、それだけではなく、細川家三代忠利(1586~1641年)が、幽斎の末子の長岡休斎らが持っていた書状を熱心に収集し、晩年になってまとまった数が熊本に集まった。それらが今日に伝わったのだという。

古文書のコピーを並べてみる出演者たち
次ページ光秀・秀吉の手紙とは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?