データで見る「北陸、甲信越」大型店の出店リスト 最大は長野県安曇野市のショッピングセンター

印刷
A
A
北陸・甲信越エリアの届け出で最大の店舗面積だったのは長野のショッピングセンターだった(写真:編集部撮影)

日本の小売店で店舗面積が1000平方メートルを超えるものは、経済産業省と各都道府県に出店情報を届けることになっている。東洋経済は、これらの情報をデータ化し「大型小売店データ」として収集を続けてきた。

今回は当社でデータ化が完了している2021年の出店情報(届出ベース)をピックアップし、日本全国7つのエリア日本全国7つのエリア(北海道・東北、北陸・甲信越、東海関東近畿中国・四国九州・沖縄)に分けてランキング化した。一覧は店舗面積が大きい順に並べている。

1000平方メートル台の出店はドラッグストアが多い

北陸・甲信越エリアの2021年の届け出は73あった。その中で最大の店舗面積となったのは「あずみ野インターパークA街区」の9235平方メートルだった。

「全国大型小売店総覧2023年版」は7月25日発売。刊行物法人向けデータでは、本記事で触れていない、詳細な設置会社名や所在地、業態、駐車場の収容台数などの情報を掲載しています。

ランキング7位のあずみ野インターパークC街区、8位のあずみ野インターパークB街区ともに届出を行ったのは、デベロッパーの南花見田開発(長野県安曇野市)。大型のショッピングセンターが計画されており、A,B,C街区の合計の店舗面積は約1万8000平方メートルになる。

2022年5月にスーパーマーケットの原信、6月に家電量販のケーズデンキがオープンしたほか、家具やホームセンターなどの大型小売店の出店も予定されている。

一方、店舗面積が1000平方メートル台では、石川県に本社を置くクスリのアオキの出店が多くみられる。

次ページ店舗面積1位~50位の一覧
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT