データで見る「近畿エリア」巨大店舗の出店リスト 店舗面積トップは堺市のショッピングパーク

印刷
A
A
関西エリアで4施設目となる「三井ショッピングパーク ららぽーと堺」は2022年秋の開業を予定する(写真:編集部撮影)

日本の小売店で店舗面積が1000平方メートルを超えるものは、経済産業省と各都道府県に出店情報を届けることになっている。東洋経済は、これらの情報をデータ化し「大型小売店データ」として収集を続けてきた。

今回は当社でデータ化が完了している2021年の出店情報(届け出ベース)をピックアップし、日本全国7つのエリア(北海道・東北北陸・甲信越関東東海、近畿、中国・四国九州・沖縄)に分けてランキング化した。次ページに掲載した一覧表は店舗面積が大きい順に並べている。

関西エリアで4施設目となる「ららぽーと」

近畿エリアでは2021年に74の届け出があった。その中で最大の店舗面積となったのは「堺市美原区黒山東計画」で4万平方メートルを超える。事業者は三井不動産で、2022年6月に「三井ショッピングパーク ららぽーと堺」を2022年11月に開業することを発表している。

「全国大型小売店総覧2023年版」は7月25日発売。刊行物法人向けデータでは、本記事では触れていない、詳細な設置会社名や所在地、業態、駐車場の収容台数などの情報を掲載しています。

ららぽーと堺は、関西エリアにおいて兵庫の「ららぽーと甲子園」、大阪の「ららぽーと和泉」「ららぽーとEXPOCITY」に続く4施設目となる。

ららぽーと堺の計画地は、大阪の南北をつなぐ国道309号に接道し、阪和自動車道の美原北インターチェンジ、美原南インターチェンジの近くにあり、広域からのアクセスに優れている。

ららぽーと堺のほかに、店舗面積が1万平方メートルを超える近畿エリアの届出は、京都府で2店舗目、亀岡市では初出店となるカインズ亀岡店(2021年12月オープン)と、兵庫県のスーパービバホーム神戸玉津インター店(2021年11月オープン)だった。

次ページ店舗面積1位~50位の一覧
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT