自動翻訳技術、日本企業こそもっと出そう!

<動画>「語学劣等国」日本がやるべきこと

マイクロソフトのスカイプ同時翻訳技術は、2015年中にも正式にサービスがリリースされる(写真:AP/アフロ)

たとえスカイプ会議の相手が外国語で話していても、音声、または画面に出るテキストで同時通訳してくれる――。そんな夢のようなシステムが現在実験展開中で、今年中にも一般化していきそうだ。

これはアメリカのマイクロソフト社が、傘下のネットチャット・通話ソフト会社スカイプと共同で現在プレビュー版を提供しているもの。音声通話では英語とスペイン語、テキスト翻訳では日本語を含む40カ国語以上に対応していく。

1月末に行われた同社の技術方針説明会では、日本マイクロソフトの加治佐俊一CTO(最高技術責任者)が、この翻訳新サービス「Skype Translator」で2015年中にも日本語対応を実現すると言及している。

なぜ日本の企業ではないのか

この記事は週刊『夏野総研』とのコラボレーションでお届けします

この新潮流に対し夏野剛氏は、「英語が苦手な日本人にとって、大きなことだ。特に外国語でビデオコミュニケーションをするうえで、画面に字幕を出す形で翻訳をすることは、誤認率を飛躍的に下げることにつながると思う。音声にこだわるより、ずっと実用化に近い仕組みが示されたのでは」と語る。

しかし一方で、「なぜ日本企業からではなく、語学にもっとも苦労していないアメリカの企業からこのようなアプリケーションが出てくるのかと、残念に思う」と夏野氏。社内の英語効用化などでいちばん英語に苦労しているのは日本人であり、なおかつ音声解析や翻訳エンジンなどの技術開発も、各所で進められているはずだと話す。

「語学が苦手とされる日本人こそ、真に見える形になるまでサービス開発を実現してほしい。技術、おカネ、人材という経営の“三種の神器”は日本に全部そろっている。企業の豊富な内部留保を使って、ぜひ自分たちの問題を解決してほしい」(夏野氏)。

音量にご注意ください

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT