マクドナルドが高級路線?それは的外れだ

「グルメバーガーブーム」を追ってはいけない

シェイク・シャックのバーガーやポテト。高級感を漂わせつつも庶民向けの値段設定で人気を集めている(Tony Cenicola/The New York Times)

ウォール街はマクドナルドにもシェイク・シャックのようになってほしいと願っている。ニューヨーク発のハンバーガー店シェイク・シャックは新規株式公開(IPO)を申請したばかりで、ひょっとすると10億ドル調達できるかもしれない。

だが本当は、マクドナルドにはマクドナルドのままでいてもらい、その一方でウォール街は、シェイク・シャックがバブル現象かもしれないという点に注意を払うべきではないだろうか。

高級感あるバーガーで人気のシェイク・シャック

高級感のあるハンバーガーとポテトとシェイクを一般庶民向けに提供するシェイク・シャックは、グルメバーガーのファイブ・ガイズやIn-N-Outバーガーに似ている。2004年にレストラン経営者のダニー・マイヤーが「いまどきの道端にあるバーガー屋」と称して開業した。

ニューヨークの街角にホットドッグの屋台を出したのがその第1号店。今や米国内に36店舗を構え(そのうち5店はフランチャイズ方式)、国外にも中東地域を中心に27店舗を展開している。

次ページ売り上げ好調のバーガーショップ「シェイク・シャック」!
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。