「初フル」マラソンをサクッと完走する方法

「楽しく走っていたら、気づけば完走」は可能か?

初めてのフルマラソン、サクっと完走することは可能なのか?(写真:Ushico / Imasia)

努力に見合った成果を上げることができているのか。フルマラソンも仕事と同じだ。たくさん走ったとしても、努力の方向性を間違えると結果はついてこない。ただ走るのではなく、考えてトレーニングをする。どんな事でもロジカルに考えて挑むクセをつけておくと、仕事の効率もアップするだろう。

では、問題です。初めてフルマラソンに挑戦するとします。あまりハードな練習はできません。さて、どんなトレーニングをしたらよいでしょうか?!

一度も経験のないことに初めてチャレンジするときは不安がつきまとう。42.195kmを走り切ることができるのか。脚が痛くなったらどうしよう。厳しい練習をしないと完走できないんでしょ?! なんて不安が波のように押し寄せてくる。そんなこんなで、フルマラソンに出場することになると構えてしまう人は多い。

しかし、完走するだけなら、案外サクッと走れてしまうと筆者は感じていた。そこで、私が主催している女性限定のランニングクラブの20代4名が初めてフルマラソンに出場することになったので、本当に少ない練習量でサクサクッと完走できるのか“実験”してみた。

「楽しく走っていたら、いつの間にか完走」は可能か?

4人はごく普通の女の子。大学までバリバリ運動をしていた人はいない。クラブに入会したときは、4人とも5kmを走るのが精一杯という状態だった。それから約1年。彼女たちはマイペースにトレーニングを続けた。平均すると月に2~3回走ったくらいだろう。

ストイックなクラブだとかなりの練習量をこなすことができるが、当クラブはライトなことしかやらせていない。なぜなら、女性は手ごわいというか、脚よりも口が先に出るからだ。ちょっとでもハードなメニューをやらせようとすると、「え~っ」という悲鳴が響く。それを強行したとしても、脱落者が次々と出てしまう。せっかく入会してもらったのに、「ランニングが嫌い」になったら大変なので、トレーニングはかなり工夫した。なるべく辛い思いはせずに、楽しく走っていたら、いつの間にかフルマラソンを完走していた。こんなストーリーになるように。

次ページ女子4人の気になる結果は??
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT