新幹線沿線で伝播する"マラソン大会開催熱"

来秋開催の金沢マラソンが火付け役?

長野―金沢間の開業がいよいよ来春に迫った金沢新幹線。沿線でも集客への機運が盛り上がっている(撮影:尾形文繁)

2015年3月の北陸新幹線・長野―金沢間の開業が迫る中、北陸地方の沿線自治体では、イベントを通じて全国から集客しようという機運が盛り上がっている。

特に力が入っているのが金沢だ。新幹線開業に合わせて、大小さまざまなイベントが予定されている。その目玉の1つが、2015年11月15日に初めて開催される「金沢マラソン」である。

県外からのツアー客に優先枠

金沢マラソンは旧街道の街並みなどを回遊するのが特徴

皇居や浅草など都内の観光エリアを走る抜ける東京マラソンが人気化しており、金沢マラソンもこれを踏襲した。旧街道の町並みや田園エリアなど市内の見どころを回遊するのが特徴だ。

参加定員は1万2000人。応募者多数の場合は抽選となるが、新幹線の利用促進という狙いもあり、石川県外から参加して県内に宿泊するツアー客には優先枠が与えられる。

事業費として3億3000万円を投じる。開催の1年以上前から、全国各地で開催されるマラソン大会に専用Tシャツを着た市民ランナーを走らせるほか、フランス、中国、韓国など海外にもPR団を派遣するなど、知名度向上に余念がない。

金沢マラソンの基本計画ができあがったのは2012年。つまり開催の3年前から着々と準備を進めていることになる。だがそこに、思わぬ対抗馬が現れた。

次ページ突如現れたライバルとは?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT