コロナ禍でも「デモ参加は自由」なドイツの発想 積極的に民主主義の議論が行われているワケ

印刷
A
A

こうした取り組みは、各自治体でも見られた。例えば、ドイツにはマスクを着用する文化がなかったが、自治体の市街中心地でマスク着用義務化された時期がある。市街中心地というのはドイツにとって重要な空間で、レストランやカフェ、小売店が並ぶ「消費」空間であり、町の発祥地であるため歴史的建築物がある。広場もあり、多くの自治体が歩行者ゾーンにしている。

中心地は居心地がよく、人が長く滞在する場所であるからこそ、マスク着用を義務化することで、安心感や信頼性を高める必然性があったのではないか。

市街中心地の歩行者ゾーンを警察がパトロールする。違反者には罰金も課せられた(写真:筆者撮影)

また、ドイツではネットで予約して、結果は15分で出るスピードテストと陰性証明書が無料でできる仕組みも早くから作られた。スピードテストの費用は政府が負担しているのだが、言いかえれば「信頼性の高い場所」作りに力を貸しているということになる。

感染者数発表にもドイツの発想

感染者数の発表の仕方にも、場所の信頼性を示す発想を読み取れる。例えば、筆者が毎日チェックしている地域新聞で提示されるのは、地域周辺の各町の感染データ。10万人あたりの1週間合計の新規感染者数が都市ごとに示される。

近隣の町に簡単に行き来できる時代、自分が住む町と隣町の違いはあまり意味がないのかもしれない。しかし「1000人の新規感染者が発生した」という実数を出したとしても、人口5000人の町と、100万人の町ではまったく意味が異なる。その点、割合で出すことは、場所としての都市の信頼性を提示できる。個人はそのデータに基づいて自分の行動を決められるわけだ。

現時点で、どの国の、どの方法がコロナ対策として優れているのかの判断はできない。しかし、この2年余りだけを見ても、ある程度、その国の性質や発想を整理できるのではないだろうか。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT