「ワクチン2回後に感染」後遺症残る45歳彼の疾苦 5年使用のパスワードも忘れ、体が疲れて動かない

印刷
A
A
感染・発症から1カ月半近く経っても後遺症に悩まされている角野治郎さん(仮名、写真:本人提供)
世間では「オミクロン株は風邪と似たようなものだ」「軽症のまま治るから心配しなくていい」といった情報を耳にするが、実際のところはどうなのだろうか。感染を経験した人たちの体験談をつづっていく。
前回 :「ワクチン打たず感染」43歳彼女の周囲で起きた事(3月2日配信)
前々回:ワクチン2回後感染で嗅覚消えた43歳彼女の辛酸(2月22日配信)

「消えたい」「いなくなりたい」と思いつめた

投資家で経営者の角野治郎さん(仮名・45歳)は、去年の9月と10月にファイザー製のコロナワクチンを2回接種した。一方、今年1月末にオミクロン株に感染・発症し、1カ月半近くたった今も、後遺症に苦しめられている。

「ワクチンの副反応は軽かったですが、それでも発熱や腕の痛みなどを我慢して接種して。それで今回のようにコロナ感染し、後遺症にまでなってしまうのですから……。

まず、頭がボーッとして働かないんです。5年間使用していて、手が勝手に動くような、身体に染みついていたはずのデスクトップのログイン用パスワードが、最近3回ほど思い出せなくなって。何度も何度も間違えてやっと思い出したんですけど、過去の自分では絶対ありえないことです」

さらに、体調面でも絶不調が続く。

「劇的に疲れやすくなった。今までは半日以上パソコン仕事をしていても全然余裕だったのに現在は1時間もパソコンに向かうと完全に疲れてしまい、12時間寝込んでしまったこともあります。1日にオンラインのミーティングを1~2回するだけで、もうダウン。困るので、1時間おきに目覚ましをセットして鳴らしている状況です」

体調とは相反して、気持ちだけが焦る。仕事は遅れ、予定していたプロジェクトは一向に進まない。しかし、ちょっと動くだけでも息苦しく、今でも深く息を吸うと肺の周りが痛む。全身が重だるく、身体が思うように動かない。下痢が続いたせいか、感染してから約1カ月で体重は5キロもやせた。

体調を優先し、1日中ベッドに寝ていると、今度は寝すぎてしまい夜に眠れなくなる。ベッドの上ではスマホをいじる時間が増え、友人知人のSNSを見ることも多くなった。そしてどんどん落ち込んでいく自分がいた。

次ページ今年1月末に食事・お酒有りの交流会に参加
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT