峰宗太郎に聞く「オミクロンから身を守る方法」 「新型コロナは風邪」理論が無理筋な理由

印刷
A
A
今、「コロナ」について覚えておきたいこと(写真:筆者撮影)
変異ウイルス・オミクロンが猛威を振るうなか、私たちはどんなことに気をつけたらいいのか。昨年12月に新刊『新型コロナとワクチン わたしたちは正しかったのか』(日経BP、山中浩之氏との共著)を出版した、医師で薬剤師の峰宗太郎(みね・そうたろう)氏に詳しく話をうかがった。意外に知られていないこと、改めて知っておきたいことがまだまだたくさんある。

なぜ「ワクチン接種」が必要か

――新刊の中でも、第6波は必ずくるだろうと予想されていましたが、現状をどうご覧になっていますか?

これまで新型コロナウイルスは流行時期と押さえ込まれる時期を何度も繰り返してきましたから、やはり当然くるだろうと予想していました。が、しかし変異ウイルス・オミクロンのために想像以上に大きな波になっています。ワクチンによってできる抗体があっても感染する「ブレイクスルー感染」も多いので、注意が必要ですね。

――こうしてブレイクスルー感染が増えると、「ワクチンは意味がないんじゃないか」と考える人が増えそうです。

それは困りますね、大間違いなので……。ワクチンにはざっくり言うと、①感染予防効果、②発症予防効果、③重症化予防効果の3つの効果があります。①と②に関してファイザーやモデルナの新型コロナワクチン(mRNA)は接種からすぐ(2週間後以降)であれば、従来から流行っている新型コロナウイルスに対しては9割以上の効果があります。これは相当に大きな数字ですね。

もちろん、時間が経ったり、ウイルスが変異したりすると、効果が落ちることもわかっていますが、意味がないなんてことはありません。さらに、③の重症化予防効果については、どの新型コロナウイルスの変異ウイルスでも、ワクチン接種者のほうがワクチン非接種者よりも重症化が格段に少ないことがわかっています。イギリスなどからデータが明確に出ているのです。①と②だけに目を向けるのはおかしいですよね。

次ページコロナと普通の風邪、何が違うのか?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT