【映像解説】就職協定の歴史は「抜け駆け」の歴史--2013年新卒採用から就職協定改定は可能か?

【映像解説】就職協定の歴史は「抜け駆け」の歴史--2013年新卒採用から就職協定改定は可能か?

10月6日、大手商社の業界団体である日本貿易会が「2013年の新卒採用から、採用活動時期を遅らせる」と発表した。

現在は、大学3年の10月から会社説明会を開始し、4年の2~4月に実際の採用活動を行い、ゴールデンウィーク前に内々定を出すというケースが多い。

しかし、学生が3年から就活をスタートすると、学業に集中できない、海外留学しにくい、といった弊害がある。

そこで、日本貿易会は、3年の2月から会社説明会を開始し、4年の8月に実際の採用活動を行うという改革案を発表した。

改革案そのものは評価できる。ただ、改革案を実行した場合に、企業の採用活動が変化するだろうか?日本貿易会加盟の商社が新協定を守ったとしても、他業界はどうだろうか?

そもそも1972年に制定された「就職協定」は違反する企業があまりにも多すぎたため、97年に廃止されたのだ。昔守れなかったことをこれから守れるのか?

就職協定改定について、東洋経済HRオンライン編集長の田宮寛之が解説する。

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。