「自分へのダメ出し地獄」から救う言葉とは

何げない一言が一生の財産になることもある

こうして考えてみると、褒められたといっても、何か具体的な行動や結果を評価されたわけではない。逆境の中で、それでも総体としての自分を肯定してくれている、そんなふうに思える言葉がいちばん効いた。言った側は何げなく口にした言葉だったかもしれないが、言われた僕にとっては一生の財産だ。

今度は自分が誰かを褒めたい!

さて、そんな僕も気がつけば40歳。今度は自分が誰かに、一生の財産になるような言葉を贈りたいところだ。いま狙っているのは、僕の番組でAD(アシスタント・ディレクター)を務めているT君。なぜならT君は今、彼自身、逆境にいると感じているはずだからだ。

T君は何かとズレていて、しょっちゅう先輩たちに注意されている。たとえば先日、T君が街頭インタビューに行こうとしたら、あいにく録音機材が出払っていた。そこで僕が、私物のローランド社製のレコーダーを貸すことにした。「俺のを貸すんだから、しっかり録ってくるんだぞ」と言ったら、T君は神妙な面持ちで「はいっ、ローランドの名にかけて!」と応えた。そこはメーカーさんじゃなくて、「長谷川さんの名にかけて!」でしょ……。

ミスが続いたT君に真剣なアドバイスのメッセージを送ったときも、返信はなんと一言、「はあ」。これには僕もさすがにあきれ果てた。ところが3分後にT君から「はい! はいの打ち間違いです! 申し訳ありません!」というメッセージが。スマホのフリック入力を誤ったうえ、慌てて削除しようとして送信キーを押してしまい、3分間呆然としていたらしい。

そんなT君なのだが、実は僕は内心けっこう期待している。へこたれないし、憎めないし、ちょっと変態っぽいトンガったセンスも、いい個性だ。ただ、確信に満ちた肯定の言葉をかけるにはまだまだ材料が足りない。いつか決定的な褒め方をする日を楽しみにしながら、今日もT君をしかるのだった。 

構成:宮崎智之

「週刊東洋経済」2014/11/1号

 

 ☆★☆お知らせ☆★☆

この記事の筆者・長谷川裕氏がプロデューサーを務める「文化系トークラジオLife」が、10月26日(日)26:00~(10月27日2:00~)に放送されました。テーマは「フィジカルの逆襲」。過去の放送は、ポッドキャストでも聴けます。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。