出演者全員「素人」のラジオ番組ができたワケ

本物の「失敗できる場」が若手を育てる

 

多少の失敗を恐れず、若手の成長の場を作ることが重要だ

 

「若手が出てこない」「世代交代が進まない」。そんな悩みを抱える職場は少なくないだろう。ベンチャー企業ならともかく、組織がある程度成熟してくると、若手が頭角を現す余地がなくなりがちだ。

僕が2006年に立ち上げた「文化系トークラジオLife」は、“人材輩出番組”と呼ばれることがある。荻上チキさん、津田大介さん、速水健朗さん、古市憲寿さん、國分功一郎さん、飯田泰之さん、常見陽平さん、水無田気流さん、白井聡さんなどの気鋭の言論人たちが、早い段階で「Life」に出演し、その後さらにテレビなどに活動の場を広げていったからだ。

全員“素人”のラジオ番組

「新人を起用する」という方針は、立ち上げ当初から考えていたことだった。若手の社会学者、鈴木謙介さんをいきなりメインパーソナリティに起用、ほかの出演者たちも放送メディアの経験がほとんどない、いわば全員“素人”たちばかりだった。聴取率の低迷により放送の回数が減らされ、放送時間が土曜の夜から日曜深夜、大物ゲストを招くのは難しい時間帯に移ってからは、実験の場だと開き直り、さらに挑戦的なキャスティングができるようになった。

新人起用の機会をさらに増やすため、「Life」では本放送のほかにも「予告編」「外伝」「観覧席」といった場を設定している。「予告編」と「外伝」は、ラジオの本放送の前後に作るサブ番組で、インターネットのみで提供する。また「観覧席」とは、スタジオのメインテーブルの周りに設けられた席のことで、専用のマイクはないが、話題によっては時折マイクを回すこともある。

本放送に出演するのはまだ荷が重いという人にも、よりハードルの低い場を設けることで、出演の機会を作っているのだ。このほか、リアルな場でのイベントや、よりコアな話題に絞った「番外編」ポッドキャストを制作することもある。

こうした取り組みを通して意識してきたのは、「失敗できる場」を作るということだ。「Life」は出演者の数が多いため、一人が失敗しても周りの人が補うことができる。また、一度や二度の失敗で判断することはしない。番組との相性さえ合っていれば、次の機会を考える。

次ページその一方で「本物」であることが重要
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT