上司の「とりあえずNO」を回避するには?

既存のルールの変え方には「コツ」がある

夏休みの朝のラジオ体操はなにを根拠に実施されるのか?(写真:V-MAX / Imasia)

 変化が激しく、仕事においてもつねに新しいチャレンジが求められる時代だ。しかしその一方で、新しいことをやろうとすると、旧来のルールに抵触してしまうことがある。特にサラリーマンにとっては、会社のルールや慣例の壁は厚い。新しいチャレンジと旧来のルールの板挟みの中で、ルールを変えていくにはどうすればいいか。

まず前提として大事なのは、「ルールを絶対視しない」ことだ。人は無意識に、既存のルールの枠内で物事を考えてしまいがちだが、それでは新しい発想は出てこない。そのルールがどの程度必然性のあるものなのか、疑ってみることも必要だ。

夏休み、何を根拠にラジオ体操に?

ルールは意外と絶対的なものではない、と実感したのは、小学5年生のときだ。当時通っていた小学校では、夏休み期間中、全校児童が地区班ごとにラジオ体操を実施していた。朝が苦手な僕はそれが苦痛で、友人たちからも同様の声が上がっていた。

そこで疑問に思ったのは、僕らは何を根拠にラジオ体操に参加させられているのか? ということだった。もちろん、そんな法律があるわけではないし、校則を調べてみても書いてない。校長に質問してみると、「何十年も前に各地区班が自発的に始めたものだろう」とのことだった。

ならば、と地区班会議でラジオ体操の廃止を提案したところ、多数決であっさり可決。僕の町内は全校で唯一ラジオ体操をしない地区となった。ただその結果、あまりに怠惰な夏休みになり、また、友人たちと遊ぶ約束をする場という大事な機能を思い知らされ、翌年には「自主的に」ラジオ体操を復活させることになるのだが……。

さて、サラリーマンが業務上のルールを変えるには、上司の同意が不可欠だ。僕も番組を制作するうえで、旧来のルールを変えたり、特例を認めてもらったりする必要に迫られることがしばしばある。上司を説得するうえで心掛けていることを、いくつか紹介しよう。

次ページまず大事なこととは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。