「フォーマット取引」はテレビを潤すか?

世界に広がる、TBS「SASUKE」の秘密

テレビ番組のトレードショウである「MIPCOM2014」の会場

カンヌ映画祭で知られる南仏の街、カンヌ。映画祭の会場にもなっている「Palais des Festivals」で年に2回行われているのが、MIP(International Programme Market)と呼ばれるトレードショウだ。50年近い歴史があるMIPは、4月にMIPTVの名でテレビ番組向けコンテンツの取引が行われており、30年前からは10月開催のMIPCOMが加わった。

テレビ番組のトレードといっても、その実態は外部からは、なかなか想像しにくい。オーディオ&ビジュアル業界や米映画業界を取材し始めてから長い経験を持つ筆者にとっても、MIPは異世界のトレードショウだった。

まずは10月13~16日に行われたMIPCOM 2014で取材した、テレビ番組取引の状況と日本製コンテンツの市況についてお伝えしたい。

TV向けコンテンツトレードとは?

「テレビ放送枠は不動産のようなもの」とよく言われる。放送免許を得てテレビ放送を始めると、当然ながらひとつの時間にはひとつの番組しか放送できない。ある日、ある時間から流す1時間の枠はたったひとつで、その場所にどんな番組を流すのかを戦略的に考える。時間帯によって視聴者層、期待できる視聴者数に違いがあり、それぞれの異なる広告価値がある。

人気のない土地は安いが、人気のある土地は高くなる。番組で言えばプライムタイムは広告費が高く(よって制作予算も潤沢)、夕方や早朝、深夜などは安くなる。プライムタイムの放送枠は限られているから、その場所の争奪戦となるわけだ。

次ページ枠を埋めるためには仕入れるしかない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT