見通しが難しくなった、これからの株式市場

マーケットの何かが変わったのか?

10月になって大きく下落した米国市場。何かが変わったのか(ロイター/アフロ)

先週末の10月17日(金)、米国株式市場は大きく戻した。NYダウは263ドル高となり、10月9日の335ドル安以来連続して下げていた株価がいったん戻りを見せた。

日本では、日経平均株価が先週の1週間で768円、率で約5%下げてきたが、どうやら20日の月曜日は戻しそうである。いったん下げに歯止めがかかったとは言え、9月末以降の欧米や日本の株式市場の変調ぶりは明らかだ。欧州ではクラッシュに近いという声もあるが、一体、市場に何が起こったのであろうか。

何も変わらず、ただクラッシュが起きただけ

結論から言えば、何も変わっていない。経済にも市場にも何も変化がないが、クラッシュが起きたということだ。

そんなばかな、と思われる読者もいるかもしれないが、それは市場をわかっていない。市場が下げるのに理由は要らない。

いや理由はある。市場が下げたのは誰かが売ったからだ。誰も売らなければ市場は下がらない。今回の問題は、ほとんどすべての投資家が売ったということだ。だから、大きく下がった。それだけのことである。したがって、問題は「なぜほとんどの投資家が売ったか」ということだ。

次ページほとんどの投資家が売ったワケとは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT