見通しが難しくなった、これからの株式市場

マーケットの何かが変わったのか?

10月になって大きく下落した米国市場。何かが変わったのか(ロイター/アフロ)

先週末の10月17日(金)、米国株式市場は大きく戻した。NYダウは263ドル高となり、10月9日の335ドル安以来連続して下げていた株価がいったん戻りを見せた。

日本では、日経平均株価が先週の1週間で768円、率で約5%下げてきたが、どうやら20日の月曜日は戻しそうである。いったん下げに歯止めがかかったとは言え、9月末以降の欧米や日本の株式市場の変調ぶりは明らかだ。欧州ではクラッシュに近いという声もあるが、一体、市場に何が起こったのであろうか。

何も変わらず、ただクラッシュが起きただけ

結論から言えば、何も変わっていない。経済にも市場にも何も変化がないが、クラッシュが起きたということだ。

そんなばかな、と思われる読者もいるかもしれないが、それは市場をわかっていない。市場が下げるのに理由は要らない。

いや理由はある。市場が下げたのは誰かが売ったからだ。誰も売らなければ市場は下がらない。今回の問題は、ほとんどすべての投資家が売ったということだ。だから、大きく下がった。それだけのことである。したがって、問題は「なぜほとんどの投資家が売ったか」ということだ。

次ページほとんどの投資家が売ったワケとは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT