なぜ政府の「成長戦略」に期待できないのか?

大切な資産を守り、増やすために必要なこととは?

羽田空港の活性化など、政府の政策には正しいものも少なくない。だが、「官の成長戦略」には過度に期待しないこと(撮影:尾形文繁)

アベノミクスの第3の矢である「成長戦略」について、6月24日に閣議決定が行われた。いわゆる成長戦略については、個々の政策メニューが重要である。

ただ、6月9日のコラム「『成長戦略』には、幻想を抱くな」でも述べた通り、すでに大手メディアが霞が関からの「リーク記事」を連発していたこともあり、投資家のセンチメントを好転させるような、新味のある材料にはならないだろう。

成熟した日本経済に「官製」の成長戦略は必要か

長期的な経済成長率を高めるために政府ができることは、「民間企業による自由でダイナミックな経済活動を邪魔しない」、「公正でかつ時代の変化に対応したルールや規制を定める」、といった環境整備である。政治家や官僚が有望ビジネスを展望するような「戦略」などは、そもそも成熟した日本経済にとって、大して必要ではない。

そして環境整備の基礎となる、ルールや規制の策定は、本来、担当官庁と業界との日頃のコミュニケーションなどを通じて、地道に作り上げられるものである。現場の事情を熟知していない政治の介入が強まることで、そうしたルール作りがうまくいくのか、正直なんとも言えない。

もちろん、業界慣行に固執する既得権益者と規制当局の間の結託が強いケースは別であり、時に荒療治も必要となる。時代遅れのルールや慣行が変わらず、新たなビジネスを邪魔しているケースはいつの時代も存在する。医薬品のネット販売規制などが、代表例としてあげられる。こうした不要な規制についての緩和は、政治のリーダーシップで変革される必要がある。

次ページ「成長阻害戦略」には注意。だが、もっと重要なのは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。