なぜ政府の「成長戦略」に期待できないのか?

大切な資産を守り、増やすために必要なこととは?

その一助としていただきたいのが、拙著「インフレ貧乏にならないための資産防衛術」(東洋経済新報社)である。第2章では「アベノミクスの弱み」として、第2の矢(財政政策)、第3の矢(成長戦略)について、筆者の解説を行っている。

最も大事なのは、デフレ脱却を確かなものにすること

特に第3の矢である「成長戦略」については、政府による戦略なるものがアベノミクス成功の鍵を握るなどと、メディアで解説されている。しかし、規制緩和などがどのような効果があり、なぜ必要なのか、きちんと解説されているようには思えない。そもそも第3の矢は、第1の矢、第2の矢とはそもそも大きく異なる性質や効果を持つのに、的外れなことが論じられているのではないか。

同書をお読みいただければ、デフレからの脱却にようやく成功しつつある日本においては、以下の2つ:

(1)(仮に望ましいとしても)「成長戦略」に対して、大きな期待を抱くのは時期尚早

(2)デフレからの脱却と2%のインフレ安定を実現し、雇用や設備という経済資源がフル活用される「正常化」を早期に実現することが最も大事

ということが、理解できるだろう。お手にとって頂ければ、幸いである。

 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。