日本株の命運を握る、キーパーソンは誰か

山崎 元が読む、ちょっと先のマーケット

各国の女性駐日大使と昼食会を開いた安倍首相。有村女性活躍担当大臣(右)もキーパーソンには違いない。だが、政権ではダントツで重要な大臣がいる(代表撮影/ロイター/アフロ)

第2次安倍内閣の経済状況は正念場

さる8月28日、東京の丸善・丸の内本店にて、本連載筆者3人の共著である「ヤバい日本経済」(東洋経済新報社)の発売を記念した、トークイベントがあった。

すでに3刷!山崎元さん、吉崎達彦さん、ぐっちーさんの鼎談「ヤバい日本経済」をぜひお手元に。今後の日本経済を考えるうえでの「道しるべ」になります

「石破の乱」が不発弾気味に沈静化された後でもあり、大きな目玉があったわけではない。だが、「石破氏がだらしがなかった」とひとくさり話題になった後に、翌週の組閣の予想話に花が咲いた。かんべえ氏(吉崎達彦・双日総研副社長)が経産相での入閣を予想した高市早苗氏は総務省だったが(予想としては複勝的中くらいの感じだ)、「女性枠は5人」の予想はピタリだった。

経済については、消費増税の悪影響を指摘したぐっちー(山口正洋)氏の舌鋒がひときわ鋭かったが、4~6月期のGDPは年率マイナス6.8%から同7.1%へと下方修正が発表された。

さて、支持率を少し上げてスタートした第2次安倍内閣だが、経済状況は正念場に差し掛かっている。本連載でも書いたように、筆者は、消費税率10%への引き上げ1年先送りを「前倒しで」サプライズを伴って発表するのが、安倍内閣の経済政策としてはベストだと考えている。

残念ながらそのようにはなるまい。周囲の官僚は安倍首相を牽制していようし、デフレ脱却を目指すはずの黒田日銀総裁までが、「心の本籍地」が財務省にあるのか、消費税率引き上げを実行すべきだと述べている。

次ページ第2次安倍内閣のキーパーソンに期待!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT