小泉進次郎政務官は、ハードボイルドだ!

補助金に頼らない、本物の地方創生とは?

小泉進次郎内閣府大臣政務官(右)を招き、地方創生について岩手・紫波町の「オガールベース」でディスカッションする筆者・ぐっちーさん(中央)。左は「オガールプロジェクト」のキーマン、岡崎正信氏(グッチーポスト提供)

小泉進次郎政務官とイケメン対決!!であります。

というのは冗談で、地方創生担当の内閣府大臣政務官として、われわれがやっている「オガールプロジェクト」をぜひ見たい、ということで、9月24日に岩手県紫波(しわ)町にお越しになったのです(筆者はプロジェクトの金融アドバイザー)。

小泉進次郎政務官は、有言実行の人だった!

実はこれまでにも、数多の国会議員、また県知事などから地方再生の切り札としてオガールを見たい、というお話はたくさんいただいていましたが、ホントに来た人は1人もいませんでした(もっと言うと、岩手県会議員でも見に来ていない人はたくさんいます)。

東京でお目にかかったとき、小泉氏がこのプロジェクトに関心を持っておられ、「ぜひ伺いたい」といって下さっていたのですが、「まあ、リップサービスで本当に来ることはあるまい」と高をくくっていたのです。

しかし、なんと本当にいらっしゃるということに。ちょっとびっくりしたのですが、それではこちらも本気で受けねば、ということで、私も急遽シンガポールの予定を切り上げ、朝8時成田着のフライトでそのまま紫波町に入るという強行軍で、「迎え撃った」わけです。

次ページ小泉政務官も注目する、オガールプロジェクトの真髄とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT