小泉進次郎政務官は、ハードボイルドだ!

補助金に頼らない、本物の地方創生とは?

小泉進次郎内閣府大臣政務官(右)を招き、地方創生について岩手・紫波町の「オガールベース」でディスカッションする筆者・ぐっちーさん(中央)。左は「オガールプロジェクト」のキーマン、岡崎正信氏(グッチーポスト提供)

小泉進次郎政務官とイケメン対決!!であります。

というのは冗談で、地方創生担当の内閣府大臣政務官として、われわれがやっている「オガールプロジェクト」をぜひ見たい、ということで、9月24日に岩手県紫波(しわ)町にお越しになったのです(筆者はプロジェクトの金融アドバイザー)。

小泉進次郎政務官は、有言実行の人だった!

実はこれまでにも、数多の国会議員、また県知事などから地方再生の切り札としてオガールを見たい、というお話はたくさんいただいていましたが、ホントに来た人は1人もいませんでした(もっと言うと、岩手県会議員でも見に来ていない人はたくさんいます)。

東京でお目にかかったとき、小泉氏がこのプロジェクトに関心を持っておられ、「ぜひ伺いたい」といって下さっていたのですが、「まあ、リップサービスで本当に来ることはあるまい」と高をくくっていたのです。

しかし、なんと本当にいらっしゃるということに。ちょっとびっくりしたのですが、それではこちらも本気で受けねば、ということで、私も急遽シンガポールの予定を切り上げ、朝8時成田着のフライトでそのまま紫波町に入るという強行軍で、「迎え撃った」わけです。

次ページ小泉政務官も注目する、オガールプロジェクトの真髄とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
睡眠研究で世界を牽引<br>ひと烈風録 柳沢正史

ヒトはなぜ眠るのか。永遠の謎とされる睡眠の基礎科学の分野で、世界のトップを走るのが柳沢正史筑波大学教授だ。睡眠物質や眠気遺伝子の発見、重要なタンパク質同定などの実績を上げ、睡眠の謎解明まであと一歩に迫る研究熱中人生をなぞる。