【産業天気図・建設機械】新興国インフラ需要に牽引され、業界景況感は後半「晴れ」へ改善

拡大
縮小


 コマツにとって足元の需要は想像以上に強い。10年4~6月期決算は、10年1~3月決算を売り上げ利益とも上回った。1~3月期は中国での売り上げが集中する春節商戦に当たるため、1年でもっとも数字が膨らむのが普通だが、コマツの4~6月期は、中南米やオセアニア等の地域が好調で、中国春節商戦の反動減をのみ込んだ。コマツは7月末に業績の上方修正を行っている。

業界2番手の日立建機は、コマツに比べるとグローバル化の範囲がやや狭く、春節商戦の反動がモロに出て4~6月期は1~3月期を下回った。だが、前年は営業赤字だった4~6月期が今回は黒字に転換し、明確な回復基調を印象づけた。日立建機は前期にインド最大のタタ財閥と組んだ合弁を連結子会社化し、ポスト中国として期待されるインド市場で最大シェアに躍り出た。今後、やはり新興国の成長とともに業績を回復させていくだろう。

コマツ、日立建機、さらに国内3位のコベルコ建機などは、足元はすでに「晴れ」の状態にあるといっていい。だが、これが油圧ショベルではなく、建設用クレーンの分野になると状況が一変する。

タダノや加藤製作所などが主力とする建設用クレーンは、需要の回復が油圧ショベルに遅行する。建機需要を支える新興国のインフラ建設にしても、まずは油圧ショベルが活躍する土木工事が必要で、その後に設備や建物をつくる段になってクレーンの出番となる。油圧ショベル中心のメーカーは前期が業績の底だったが、クレーンメーカーは1年遅れて今期が底となるのが確実だ。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT