私のこの上ない 楽しみ方、癒やされ方

ファッションデザイナー/コシノヒロコ

 アマチュアプレーヤーである私にとって、大好きなゴルフは究極の癒やしです。仕事や雑事から離れ、広々とした芝の上で心を無にしてクラブを振ることで、身体も頭もリセットします。
 知人友人に誘われて始めたゴルフでしたが、すぐに虜になってしまいました。もともと身体を動かすことは大好きでしたし、何よりこの精神的なスポーツが性に合ったのだと思います。練習に練習を重ねて、初めてグリーンに出たときのうれしかったこと。大げさに聞こえるかもしれませんが、私の人生において、ここから新たなストーリーが始まりました。

ゴルフは確かに癒やしです。ただ、恐ろしいのは、練習を怠ったり自分をごまかしたり、つまりゴルフに対して真摯に取り組まなければ、かえって大きなストレスになってしまうことです。
 そういう意味では、私にとっては単なる趣味や癒やしの存在というだけでなく、「ゴルフ道」とでも呼べるような、一種哲学的で修行を伴うような対象でもあるのかもしれません。
 実際、私にとってゴルフコースは神聖な場所です。日頃の練習の成果が問われる、いってみれば厳かな場所です。
 何人かでラウンドしていても、ボールに向かい合うときは、私一人。失敗しても、誰のせいにもできません。責任を負えるのは自分だけです。ショットに失敗したからといって、物にあたったり、芝を蹴ったりという行為を目にすると、ゴルフそのものに対して申し訳なく思います。
 ゴルフとは、ただスコアを上げればいいというスポーツではなく、18ホールの間、つねに自分自身とも闘わなければならない、上質な精神性を伴うスポーツなのです。それを汚すような行為がなくならないことに、悲しい思いさえ、感じます。
 とはいえ、あくまでアマチュアである以上、やはり楽しまなくては。

グリーンでは、上手な人というよりは、気の合う仲間とラウンドするほうが楽しい。18ホールの中でたった1打のクリーンショットを出せれば幸せ。ストイックでありながらも、こうした余裕の中で楽しめるのが、ゴルフというスポーツの醍醐味です。
 仕事の中にいい意味での「遊び」があると、次の仕事への活力を生み出すものです。仕事と同様、真摯に向き合いたいゴルフですが、怠ることなく日頃の努力を続ける一方、ここにも大人ならではの余裕を持つことで、より一層腕が磨かれる場面も多いはずです。
 仕事にしても趣味にしても、ただひたすらガツガツと取り組んだところで、それほどよい結果は得られないもの。大人たるもの、仕事にもゴルフにも余裕を持ち、ひたむきに取り組みつつも癒やされることができれば、この上ない幸せだと思っています。

ファッションデザイナー/コシノヒロコ(こしの・ひろこ)
大阪・岸和田生まれ。文化服装学院在学中よりキャリアを重ね、東京、ローマ、上海、ソウルなどでコレクションを発表、2009年からは17年ぶりにパリコレクションも再開。近年は書画作品の展覧会も多数開催している。1997年第15回毎日ファッション大賞受賞、01年大阪芸術賞受賞。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT