「イクメン」人口増のカギは「イクボス」にあり

職場で利害が激突。上司はどうすべき?

「イクメン」を増やすために必須の「イクボス」。どんなボス?(写真:アフロ)

いきなりですが、皆さんは「イクボス」ってご存じですか? 最近、営業部女子課でも「『イクボス』になる男性はカッコいい」と話題になっています。

男性上司「イクボス? あぁ、自ら率先して仕事をこなしていく(イク)、上司(ボス)のこと?」

なるほど。そんなボスも確かにすばらしいですが、残念ながら違います。それではお教えしましょう!

「イクボス」とは、部下の育児参加に理解のある経営者や上司のことで、「イクメン」を職場で支援するために、部下の育児休業取得を促すなど、仕事と育児を両立しやすい環境の整備に努めるリーダーのことなのです。

「女性バブル」を打ち上げ花火で終わらせないには?

皆さんもご存じのように、第2次安倍改造内閣では女性を5人も起用するなど、安倍カラーの強い新内閣となりました。そこで新設されたのが「女性活躍担当相」。ほかにも安倍晋三首相は企業の女性登用への新たな助成制度など、女性の活躍を促す政策を、10月をメドにまとめると表明しました。

このように「女性活躍大臣」や「女性経営者に補助金制度」など女性バブルが到来しているように思えますが、大事なのは打ち上げ花火で終わってしまうのではなく、いかに継続していけるか、ですよね。

次ページ「イクボス」がワーママ活躍のカギ?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT