やたらと怒る「プンプン丸」に親は何をなすべきか

親が子どもに振り回されないための3ステップ

子どもが理由もなく親に当たってくる理由とは?(写真:USSIE/PIXTA)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

小3の娘がいます。学校ではしっかりやっているようですが、家では私にいつもあたってきて困っています。自分で決めたことができないと八つ当たり、宿題でわからないところを教えてあげると、教え方が嫌だと言って投げだします。冷静に対応したほうがいいのは頭ではわかっていますが、私もつい声を荒らげてしまいます。どう対応したらいいでしょうか。
(仮名:小野さん)

プンプン丸って?

まだ幼い小学生くらいまでの年齢では、子どもが理由もなく親に当たってくるというお話はよく聞きます。何か隠れた理由はあるのでしょうが、おそらく子ども本人も自覚できず、身近な親に当たってしまうことがあるようです。

この連載の記事一覧はこちら

それでも小野さんのお子さんは、学校でしっかりやっているということ。学校では頑張って周囲に合わせ、自分の感情をおさえているのかもしれません。そのため、自分の素が発揮できる家庭内では感情をさらけ出し、バランスをとっているとも考えられます。

筆者がパーソナリティをしている音声配信「Voicy」で、リスナーさんにプンプンして当たってくる子(=プンプン丸)について聞いてみたところ、「わが家にもプンプン丸がいます」とコメントが続出しました。一例を挙げると次のようなものです。

「娘はマイルールを決めていて、その数がめちゃくちゃ多いんです。それがうまくいかないとプンプンしています」

「次女は1歳の頃から気分はジェットコースター。それが小3の今も続いています」

「今思えば、自分も小さいときはプンプン丸でした。理想と現実の差にどう対応していいかわからず、それが怒りになって出ていたと思います」

コメント全体からは、女子が相対的に多く、またしっかりとやりたい気持ちがあるにもかかわらず、うまくできない状態のときに「プンプン化」するケースが見受けられました。

しかし、こうした状態が続くと、親も精神的に参ってしまうことも。親御さんからは嘆きの声もたくさん届きました。

次ページ子どもがマイナス方向のことを言ってきたときは
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 戻りたくなる組織の作り方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT