NHK朝ドラ「マッサン」の"大いなる賭け"

「あえて」なのか?"勝利の方程式"を外す大冒険

共感しにくい構図…どうする?

それにしても、なぜNHK大阪がこういう思いきったキャスティングを試してみたのか、というのがとても気になります。米国のテレビ局の戦略的思考で考えれば、「男性視聴者と外国人視聴者の獲得」ですが、そこにフォーカスすると、「あまちゃん」をきっかけに順調に増えてきた女性視聴者を失うリスクもあります。

米国のテレビ局(制作会社)のキャスティング方針というのは、とてもはっきりしていて、マス市場を狙うのか、コア市場を狙うのかで、主役群がまったく違った人種構成になります。できるだけ広く狙うと、主役・準主役に、白人、アフリカ系、ヒスパニック系、アジア系が全部キャスティングされます。白人は白人に、アジア系はアジア系に、と同じ人種の登場人物に共感するからです。米ABCの「グレイズ・アナトミー」や「LOST」はこの方式で視聴者を獲得し、成功しました。反対にコア層を狙うアフリカ系専門チャンネルのドラマでは、主役・準主役にアフリカ系俳優がキャスティングされます。

男性、外国人という新たな視聴者を狙っても、朝ドラの主たる顧客はやはり女性。しかし「マッサン」は今のところ、「あまちゃん」をきっかけに朝ドラを見始めた女性視聴者には、共感しにくい構図になっているなというのが正直な感想です。

「マッサン」で亀山エリー役を演じるシャーロット・ケイト・フォックスさんは、お人形さんのように美しいし、ひたむきな演技もうまい。彼女の容姿を見るためだけに「マッサン」を見ている人もいるそうです。日本語はまったくできなかったそうですが、一生懸命学んでいるのがうかがえて、好感が持てます。

しかし、女性視聴者から見れば、亀山エリーは、あまりに遠い存在。美人で、お金持ちで、性格がよくて、努力家で、外国人。しかも日本食まで作ってしまうスーパー主婦。何もかも完璧で非の打ちどころがない。「うちにもこんなヨメがいたら」と思いながら見るシニア視聴者はいるでしょうが、20代から40代の女性視聴者はエリーに共感するのは難しいのではないでしょうか。

かといって、ほかの登場人物を見てみても、マッサンは男性だし、政春とエリーの結婚を反対する母親の亀山早苗(泉ピン子)や、政春の婚約者だった田中優子(相武紗季)は、エリーをいじめる役なので、そこに共感するのは難しい。日本人女性が外国人女性をいじめるという構図も、見ていて気持ちがいいものではありません。

さー、困った。今後、「花子とアン」の葉山蓮子のような波瀾万丈な日本人の友人が出て来ないかしら……。と期待しながら、しばらく見守っていこうと思います。 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT