マーケットの「マラドーナ現象」に要注意

起こるべくして起きた、株高と円安の揺り戻し

1986年のサッカーW杯で、伝説の5人抜きを見せたディエゴ・マラドーナ。この離れ業にたとえたマーケットの「マラドーナ現象」とは?(Press Association/アフロ)

世界の潮流に歩みをそろえた国内株価とドル円相場

先週の10月2日(木)は、日経平均株価が420円もの大幅下落を演じた。米ドル円相場も1日(水)には一時1ドル=110円超えとなったが、その後反落し一時は108円近辺に迫った。

9月21(日)付の当コラムでは、「大きな円安トレンドは変わらないが、当面は、いったん円高方向へ振れ戻る展開を予想する」「短期的には為替が円高へ反転するとともに、いったん株価も下押し、日経平均は1万6000円を割り込む可能性もある、と警戒している」と述べた。その通りになったわけで、先週の株安・円高には全く違和感はない。

こうした市場の暗転には、2つの背景があったと考える。1つは、すでに海外株式市場や米ドル以外の通貨では、株価の反落や外貨安・円高が生じ始めており、国内株価や米ドルが、遅れてその輪に加わった、という点だ。

たとえば世界の株式市場を見回すと、米・独の最近の高値が9月19日(金)、英国が9月4日(木)、インドが9月8日(月)、ブラジルが9月3日(金)と、日経平均の9月25日(木)に先んじている(例外は上海総合など、ザラ場ベース)。

次ページ日本株はもろさを抱えるが・・
人気記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。