マーケットの「マラドーナ現象」に要注意

起こるべくして起きた、株高と円安の揺り戻し

経済実態面では、日本も消費増税で4月に国内景気が下振れしたあと、8月の大型小売店販売額が前年比でプラスに浮上するなど、脆弱ながらも徐々に回復を見せている。

また米国を含め、極めて緩やかに改善する世界経済の実態からは、内外株価の緩やかな上昇基調が見込める。しかし現実には、行き過ぎた楽観と悲観が交錯し、株価はトレンドの前後で、上振れと下振れを繰り返すだろう。

今後も市場を支配する、「マラドーナ現象」

こうした局面で思い出すのは、前イングランド銀行(英国中央銀行)総裁のマーヴィン・キング氏から聞いた話だ。

キング氏は、極めつけのサッカーファンだ。筆者は以前の訪英時に、1986年のサッカーワールドカップ準々決勝、アルゼンチン対イングランド戦の話を聞いたことがある。そう、伝説となっている、マラドーナの5人抜きのゲームである。

アルゼンチンチームのマラドーナは、ハーフライン手前から独走、ドリブルで5人を抜いて決勝点をあげた。キング氏によると、実はマラドーナはほぼまっすぐ走っていた、という。ではなぜマラドーナは5人も抜けたかというと、イングランドの選手が、マラドーナが右に行くかもしれない、いや左だ、と邪推し、勝手に左右に動いたためだというのだ。

キング氏はこの時、英国の金融政策は方針を曲げず、まっすぐ進んでいるだけなのに、市場が勝手に悲観と楽観に振れている、と語っていた。その市場のブレを「マラドーナ現象」と呼ぼう。

今後の内外株式市場も、「米連銀の利上げは早いのでは、いや、遅いかも」「日本で大規模な経済政策が発動するのでは、いや、しないかも」と、勝手に邪推し、経済実態以上にブレることを何度も繰り返すはずだ。その時、投資家に必要な心構えは、浮かれすぎず落胆もせず、ということに尽きる。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。