女が大好きな「占い」、男が嫌う理由とは?

「上から目線」は男のプライドが許さない

大物経営コンサルタントのセミナーには多くの男性が詰めかけますし、有名な創業者の書いた自伝(まるで聖書のような装丁)はロングヒットを続けます。

その光景はいくぶん宗教的。

実際、若手のベンチャー創業者たちの間では「開業日は風水で決める」とか「オフィスの引っ越しは縁起のいい方角へ」など、最後の最後はスピリチュアルな材料に頼る習慣があるといいます。

いくらロジカルに理論を積み上げても、最終的には「えいや!」で決めなくてはいけない課題があることを、彼らは知っているのでしょう。

普通のビジネスの現場でも、「経営コンサルの言うことなんて、占いみたいなものだ」とけなしながらも、現実的には、重要な判断材料に使わざるをえない場面も多いはず。

警戒のハードルが高い分、一度相手を信じ込んでしまうと、「言い当ててほしい」「導いてほしい」と頼る割合は、男性のほうが高いのかもしれません。

普段は「占いなんてバカらしい」と吐き捨てている男性ほど、要注意です!

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT