女が大好きな「占い」、男が嫌う理由とは?

「上から目線」は男のプライドが許さない

その点、女は、「分析されたい」「ばしっと言い当てられたい」という願望があります。他人から「君はこういう人間!」と言い切られることで、自分を発見したような気持ちになりますし、耳が痛いようなことでもプライドが傷ついたりはせず、「へ~」と流す余裕があります。

女性に「占い好き」「心理テスト好き」 が多いのも、そういう理由からでしょう。

占いが嫌いな男たち

男たちが占いを嫌う理由としては、さきほど述べた「他人にあれこれ言われたくない」以外にも、「論理的じゃないものが嫌い」「そもそも、なんでお前に言われなくちゃいけないんだ」といった心理が挙げられます。

男性は、女性に比べて、誰かの生き方を参考にするという習慣がありません。

女性は、同じ女性のモデルや芸能人のライフスタイル(ファッションやダイエット方法)をそのまま素直に受け入れて、まねる傾向があります。

ところが男性は男性芸能人に簡単に憧れないし、ときには反発することもあるので、男性消費者を動かそうと思ったら、アイコンとなるタレント選びはとても難しいというのは、マーケティング業界の定説になっています。

基本的には人のアドバイスを受け入れない。

女の言葉には耳を貸さないし、男からなにか言われるのなんてムカムカする。

ましてやそれが、うさんくさい占い師だったら鼻にもかけない。

これが、男性の「人から何かを言われる」ことへのスタンスです。

カリスマ経営者の宗教性

そんな彼らでも、ごくたまに信奉して盲従する対象がいて、それが「カリスマ経営者」と呼ばれる人たち。

ビジネスで実績を出した社長たちの、いかに創業時のピンチを乗り越えたか、いかに普段から意識が高いか、いかに財界の実力者と行動を共にしているか、といったエピソードに、男たちは目がありません。

次ページ最後は男もスピリチュアルに頼る?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT