セールスフォース、「日本が自立」の狙いとは?

中長期的な成長を睨んだ投資を加速

 セールスフォース・ドットコムの小出伸一会長兼CEO(撮影:尾形文繁)

――小出さんは、日本IBMでは主に金融機関のシステムを担当してきました。その後、ソフトバンクテレコム、さらにヒューレット・パッカードを経験し、4月にセールスフォースに来られた。その理由、そしてセールスフォースでのミッションについて伺いたいと思います。だいぶ時間は経ちましたが、入社を決めた理由を教えてください。

そもそもの入るきっかけというのは、創業者であるマーク・ベニオフCEOからお誘いを受けたから。彼の話を聞きながら、これはぜひとも入りたい、と。彼が盛んに私に言っていたのは、セールスフォースはイノベーティブなカンパニーなのだ、ということ。世界で一番イノベーティブだという点に自信を持っている、一緒に新しいマーケットをつくっていこう、と私に言った。ITのマーケットは成熟しており、例えばハードウェアのビジネスはいっこうに伸びない。しかし、マークはパイが小さくなっていく市場で仕事をするわけではなく、新しい市場をつくっていくのだ、と繰り返し言っていた。マーケットシェアを奪い合うのではなく、新しいマーケットを開拓している、という言葉に動かされた。

セールスフォースは革新的企業である

――セールスフォースも設立からかなり時間が経過しています。実際に入ってみてイノベーティブだと思いましたか。

就任から100日以上経ったが、そのことを毎日感じている。よくITサービスの世界では、お客様の課題解決型ということで、ほとんどの企業はソリューションという言葉を使っていると思う。しかし、ここで考えるのはソリューションではなく、イノベーション。そこが大きく違うところだ。

私がいつも思うのは、本当の会社の面白さというのはスピードではなくてアジャイルだということ。つまり100メートルを9秒で走るのではなくて50メートル走って止まって、急に左に曲がったり、逆に後ろに戻ったり、そしてまた加速をしたりする。アジャイルな経営こそが求められていて、セールスフォースはそこが徹底している。

――新規顧客開拓が進み、会社として高い売上げ成長も続けています。

これまで常に年率30%レベルの高い成長を実現してきているので、結果を残すということにも非常にコミットしている。仕事のやり方として、アクションを求めているのではなく、エグゼキューション、つまり、やりきって結果を残すことを求めるカルチャーがある。

次ページIBM時代のビジネス転機とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。