セールスフォースが新規顧客を続々と開拓

フィリップスも顧客に。躍進の秘密は顧客第一主義

イベントのゲストは豪華。フェイスブックのシェリル・サンドバーグCOOが出席。右がセールスフォース・ドットコムのマーク・ベニオフCEO

11月18日から4日間にわたってサンフランシスコで開催されたセールスフォース・ドットコムのユーザーイベント「ドリームフォース2013」が21日に閉幕した。

開催直前発表されたセールスフォースの第3四半期の売り上げは、前年同期比36%増の10億ドル以上。オラクルを1999年に退社し、他の同志とともにサンフランシスコのアパートで始めたスタートアップは順調な成長を続けている。

成長の秘密はいったい何だろうか。もちろんネットワークを通じてソフトウエアをサービスとして利用するモデルに早くから目を付けた点が最大の理由だが、マーク・ベニオフCEO自身が先頭に立って進める顧客第一主義にも秘密があるように感じる。

顧客最優先で行動

セールスフォースと筆者との付き合いは長い。2000年に設立された同社の日本法人にインタビューしたり、ベニオフCEOの単独インタビューで何度かサンフランシスコの本社に足を運んだこともある。だが、「顧客第一」ということで顧客対応に追われる彼に、せっかくのインタビュー機会がドタキャンされて、出直した思い出もある。

そんなベニオフCEOと今回のイベントで直接話をした時に聞かれたのが、「基調講演の日本語の通訳はどうだったか。うまく翻訳できていたか」ということ。私は英語を聞いていたので答えられなかったが、彼の気配りには感心した。セールスフォースが急伸したのは、カスタマーに接する真摯な姿勢と、マーケティングの上手さ、最新の技術に対応する動きの素早さにあるのではないだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。